« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

2018/09/23

雨と寒さに打ち勝つのは気の持ちよう。

今晩は。
阿部嵩之ですよ。
今晩は。

センチュリーライドも終わりこれを
記すは旭川空港。
心地良い疲労と気持ちの落ち着きを
感じながらのフリック入力。





〈爽やかな(寒い)朝〉
Photo:GM



〈ケンメリの木と僕〉
Photo:GM

曇天の中スタートした2日目のライ
ドは少しの風が吹いていた。
丘のまち美瑛と言うだけあってまる
でブルターニュやらリンブルフやら
に似ていた様に感じた。
後半の天候の回復で景色の素晴らし
さを実感しながらも脚を動かす。
100kmと言う距離が思いの外短く感
じた1日だった。

きっと美瑛センチュリーライドが気
にいると思うので参加する方が増え
るといいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/09/21

以前来た時は雨だったし骨も折れてたな。

今晩は。
阿部嵩之ですよ。
今晩は。

ご無沙汰しておりますが僕は元気に
やっております。
そして美瑛町に来ております。はい。



〈丘の町美瑛〉



〈カレーつけウドン〉

『丘のまちびえいセンチュリーライ
ド』にゲストライダーとして参加す
る事になりまして僕は美瑛町にいる。
以前この町に来たのは2015年のツー
ルド北海道だった。
前日に骨折して撮影班と同行した時
の記憶が蘇る。

今日は到着後にファンライドのアテ
ンドでサイクリングをした。
あの時雨で見えなかった景色が今日
は見えた。丘の続く綺麗な景色が。
僕の写真センスでは微塵も伝わらな
いのが残念だからここに来て自分の
目で見る事をお勧めしたい。

明日も仕事です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/09/05

イタリアの豆。

こんばんは。
阿部嵩之ですよ。
こんばんは。

連投なんでよろしければ前のページ
是非。

台風一過で暑さが戻った今日は髪を
切ってもらった。
もち。QUALITAで。



〈流れる様なトップが主役〉

よく見ればわかる。
昨日の写真よりも髪の毛のボリュー
ムが減った事が。
モサモサしていた頭がスッキリとし
ているだろう?
カットしたては『豆』と表現される
事がある僕の頭もイタリアンテイス
トを取り入れたのだ。
イタリアの豆になった僕をどうぞよ
ろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

腕を上げる。

今晩は。
阿部嵩之ですよ。
今晩は。

いきなりだけど昨日の話でもしまし
ょうよ。
台風の話じゃない普通の話をさ。



〈綿密な打ち合わせを経て〉
Photo:T野

台風が関西方面で猛威を奮っていた
中で僕はラジオ出演をしていたんだ。
相方は馬渡伸弥。
在籍2年目の伸び盛りだ。
初期の印象は(言葉は悪いが)根暗
かと思ったがコミュニケーションは
しっかり出来る男であり今やラジオ
での受け応えは僕より上手との評価
も有り。

走りでは負けないぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/09/02

その2。の話。

今晩は。
阿部嵩之ですよ。
今晩は。

昨日のTTTに引き続きインディビデ
ュアルタイムトライアルa.k.a.ITTに
出走してきた。
しかし長げーわインディビデ…。



〈個人だけに独り〉



〈独りで闘う〉



〈膝は持ち堪えた〉



〈今の状態ではこれがいいとこ〉

人の後ろに隠れる事が出来た昨日の
TTTではテクニックと集中力で何と
か誤魔化せたが今日のITTでは隠れ
る場所は何処にもない。
誤魔化しは効かないのだ。
と、言う事で今の状態にしてはよく
走れたのではないかと思っている。
タイムは3年前辺りと同じ位だし順
位は8位とボチボチだったし。
満足出来る走りではないので残りの
レースで爆発させたいと密かに思っ
ている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/09/01

思ったよりは…と言う話。

今晩は。
阿部嵩之ですよ。
今晩は。

渡良瀬遊水地で行われたチームタイム
トライアルa.k.a.TTT
宇都宮ブリッツェンは優勝しました。



〈不安は多かった瞬間〉



〈隊列の整い方と速さは比例する〉



〈この瞬間は好きだ〉



〈上からの景色も好きだ〉



〈スタート前は準備が多い〉

先週金曜のトラックフェスティバル
後に痛めた膝がなかなか良くならず
バイクに跨がれたのは木曜日。
フィジカルトレーニングと慣れない
水泳(クロールとビート板)で何と
か悪足掻きして今日に至った訳で正
直走れるのかも分からない不安しか
ない状態でスタートを切った。
走り出せば皆が速い上に隊列は綺麗
だし加減速が少ないので思いの外走
れる感覚だったのに安心した。
最終ラップ直ぐに離脱してしまった
が何が悪かったかは分かっている。
思いの外、清々しい気持ちでいる。

明日の事は明日にならないと分から
ない。
膝が何でもない事を願うばかりだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ