« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017/03/31

ツールドとちぎ 第1ステージ

ツールドとちぎ 第1ステージ

《…宇津宮?》

世界遺産の日光市から足利市にゴールして、今は益子町に来ています。

ホテルを転々としながら県内を回るのは、ちょっと不思議な気分だ。

今日は譲と篤志の逃げグループが決まり、かなり良い形で初日を終えました。本当はその逃げに飯野も入っていて3人だったのが、まさかのメカトラで離脱。調子が良かっただけに残念です…。

個人的には、良いレースは出来ませんでしたが、こんな日もある。

この3日間、頼もしい5人の仲間たちがいる。明日はチームのために全力尽くしてがんばるぜ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/03/29

NTN

NTN


遅ればせながら真理さんのブログを見て、ツアーオブジャパンの冠スポンサーが〝NTN〟に決まった事を知りました。

NTNと言えば…
そのまた昔、僕が操縦した人力飛行機の駆動系を、NTNのベアリングとKHKの歯車で固めていたなと。とにかく信頼性は抜群でしたので。

こんな形で再会するとは思いもよらなんだ。

さて、明日はツールドとちぎに備えて日光に移動です。おそらく移動時間は30分以内。こんなにも近くでUCIステージレースが開催されるなんて素晴らしすぎます。

ブリッツェンの選手で良かったぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/27

愛と誠

愛と誠

《みんないい笑顔ですね》

清水監督の誕生日を祝う、オフィスブリッツェン。驚くなかれ、齢三十六。

ふだん気にすることのなかった監督の年齢が明らかになり(まぁ知ってたけど)、妙な親近感が湧いております。
やはりどちらかというとコッチ側ですね、…みたいな(笑)

自慢のカントクです。
一度決めたら真っ直ぐにしか進めないところはありますけどね(時々選手たちを困らせる(笑))、この辺り知る限りでは間違いなくウチの監督がナンバーワンだって、みんな思ってる。

良い組織の在り方について。
選手の自分でも、考えてみる時があります。

より良いチームを作るため。
先ずは一番身近な僕自身から変わって行こう。

その意識と努力が、今の自分に足りない気付いた、今日この頃です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/03/26

キリンビール

キリンビール

《ビール専門タムラ運送》

スポンサーのキリンビールさまより、〝キリン一番搾り〟が届きました。

山のような一番搾りを見て、一番喜んでいたのは言うまでもありません。メカニックの燃料はビールです。(実際はそんなに飲んでない)

ツールドとちぎ、頑張ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/03/24

第2ステージ試走と宮カフェトークショー

第2ステージ試走と宮カフェトークショー

《北海道土産ベスト5》

マロンコロンを教えてくれたのはアベタカ。その彼と、真理さんと3人で宮カフェトークショーへ行ってまいりました。

話をする側なのに、半分ぐらいはGMのトークに笑わされていたな。

ちなみに今日は朝からツールドとちぎ第2ステージの試走だったので、全てが終わった今、猛烈な眠気に襲われてます。

イイノ君の18時30分就寝にはかなわないけど、ボチボチ寝られそう。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/03/22

JOC研修

JOC研修

《ナショナルトレーニングセンター》

今日はマトリックスとの合同トレを欠席してJOC主催の研修へ。場所は東京のJISS!…の隣のNTC(ナショナルトレーニングセンター)へ。

題目はリスク管理。
集まった様々な競技の選手たち、オリンピアンのなかにはもちろん金メダリストもいて、自分にとってはとても刺激的な時間でした。

『あなたたちはトップアスリートであると同時に素晴らしい教育者でもある』

終わりの挨拶つ、JOC選手強化本部長の橋本聖子さんの言葉です。
とても印象的な言葉が、胸に響きました。

この言葉の意味を噛みしめて、残りの選手人生を全うしたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/03/21

3月21日

3月21日

《元ブリッツェンのO久保氏、帰国!》

家の体重計の表示がやけに低く出るのでついに壊れたかと思って暫く乗っていなかったのだけど、先日のレースで久しぶりに会った土井ちゃんから『痩せ過ぎ』、清水監督から『脚細くなった』とのコメントを頂戴したので、やっぱり機械は壊れていなかったとの結論に達したマスダですこんばんは。

そんなわけで明日はマトリックス(宇都宮にいるらしい)と合同トレ。何故かって?…それは清水監督と安原監督の仲なのでお察し下さい。

せっかくツールドとちぎのコースを案内しながら走るのに、自分はJOCの研修に強制招集されたので泣く泣く欠席。残念です。。。

もうこれは、東京への研修旅行を満喫するしかないぜ〜。

どんな事でも楽しんで取り組める心の余裕。それを確保するためには、日々の自分に嘘を付かないことが大事なんだ、きっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/03/19

JPT開幕戦 宇都宮

JPT開幕戦 宇都宮


宇都宮での開幕2連戦が終わりました。
地元チームとしての宿命を背負い、皆で戦いましたが、望んでいた結果を勝ち取ることは出来なかった。。。

今日に関して言えば、ラスト350mを一番下から全て先行して全員振りちぎって行くパワーが無かったこと、それが3位に甘んじた最大の要因です。

最後に鶴ベルグでの先行を躊躇した時に、負けは決まっていたのだと、いま思う。

それこそラストの登りまではブリッツェン全員で、身を粉にしてレースを作っただけに、こんな結果に終わらせてしまったことが悔やまれます。

純粋な体力勝負のTTとは違ってゲーム性の高いロードレースでは、チーム内の連携も重要ではありますが。
自分たちはこの2日間を通して、沢山の失敗を経験しました。

しかし、失敗から学ぶことは沢山あるはず!それがチャレンジした結果ならば尚更ね。
そうポジティブに捉えて、また皆んなで前に進んで行こうと思います。

今日は沢山の応援を、ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/17

鍼灸接骨院トレス

鍼灸接骨院トレス

《お灸です》

二日連続でトレスの鈴木先生にコンディショニングしてもらいました。

その名の通り、鍼&灸による治療を受けることが出来るので。時々お灸を据えてもらっています。

鍼治療はごく稀に、カッチンコッチンになってしまった腰をほぐすためにしかやりません。来るか来ないかの、あのドキドキ感がやっぱり苦手だ。

ドMの真理さんは完全に鍼派らしいけどね。僕はお灸派です!

お灸やると体の調子が良くなる。スプリントが掛かるとか、登りで飛んで行けるとか、そういうのではありませんが、心身のバランスは間違いなく整うのであります。アロマにも癒されるし。

さぁ整ったところで。
明日明後日はJプロツアーの開幕戦、宇都宮。

先ずは清原でのクリテリウム、チームとして2連覇出来るように頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/15

チーム練の過去と現在

チーム練の過去と現在

《赤い三兄弟》

昨日今日と二日連続でチーム練。
冬に逆戻りしたような曇天と寒さの中、宇都宮クリテとロードのコースを下見してきました。

チーム練と言えば、
昔は皆でガシガシ踏んで追い込む中で切磋琢磨したものだなと、センチメンタルな気分に。それこそ柿沼社長や廣瀬GMが選手だった頃。その後、鬼キャプ中村氏のスパルタ時代(苦笑)…そこで行われたような古典的チーム練は、やらなくなって久しい。

トレーニングは昔に比べて効率的になり、より正しく行えるようになったのは明らかだ。
ただね、個別のメニュー練志向が進んだことには、どこか寂しさも覚えるワタクシなのであります。

例えば、専属のトレーナーがいる雨ちゃんやアベタカは、与えられたメニューをサボって他のことをやる訳にもいかないし。他のメンバーにも、計画しているトレーニング、必要なトレーニングってものが、それぞれ有るから。

何も考えず、海を泳ぐマグロのように走りまくる時代は、とっくに終わったのかもしれないな。考えてみれば科学的根拠もあまり無かったからね。。。

…でも、自分的にはやっぱり寂しいよ(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/03/13

自転車のまち

自転車のまち

《宇都宮市役所ロビーの一角に》

今週末はJPTの開幕戦だ。
市役所のロビーにブリッツェンとSCの展示がありました。

そう、今日は宇都宮市役所へ。
佐藤市長を表敬訪問してまいりました。アジア選手権の報告、その他諸々。

宇都宮でのJPT開幕戦、そしてツールドとちぎ、熱い3月になりそうだ。
楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/03/11

震災から6年

東日本大震災から6年。
自分の身の周りに関して言えばすぐに日常を取り戻せましたが、被害の大きかった地域の復興は未だ半ば。

気になって少し調べてみたのですが、いまだに避難生活を続けている方は約12万人、仮設住宅で暮らす人も3万人以上いるのですね。被災者一人一人の生活が全て〝復興〟を遂げられるようにと、願わずにはいられません。

2011年はブリッツェンに移籍した年だ。

リハビリを終えてトレーニングキャンプに参加するために、スーツケースと最低限の荷物だけで新居にやってきて。
その数日後に震災。

一度仙台に戻るつもりだったから家には何もない状態だったな…。あの頃、暗い家で巡らせた思いと決意、忘れちゃいかんと思いました。

当たり前のような日常においても、大切なところに気が付ける人間でありたい。愛とか感謝とか。

7年目のこれから。
この1年間も丁寧に生きて行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

スプライドとサポーターズとニュースカフェ

ライターのAZUSAとNEWS CAFEで》

ここ数日の疲労感から、今日は練習量を抑えつつトレスでリカバリー。

午後は下野新聞のニュースカフェで、地元スポーツマガジンのスプライドと、フリーペーパーのサポーターズ紙面用の取材対応。

今回はサポーターズの記者として、まさかのAZUSA(宇大卒で雨ちゃんの先輩)が登場。フェアリーもやっていたし、レディオベリーのレポーターもこなしているし、自転車でいろは坂登れるし。。。何でも出来るんですね。

何でもこなす彼女を見て、自分の競技生活への取り組みが思いやられた次第。

〝登れるくせにスプリントも出来て、おまけにTTも速い〟

そんな完璧な選手になれるのかな?
分からないけど。なってみたいと思う。

だから少しでも近づけるように努力しよう。
未来を作るのは私自身。
全ては自分次第。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/07

ほぼ1ヶ月ぶりのトレスで

ほぼ1ヶ月ぶりのトレスで

《13年を最後に引退した先輩がいた》

疲労感満載の体を診てもらうため、久方ぶりのトレスへ。

沖縄やら中東やらで、2月はあまり宇都宮にいれなかったので、本当に久しぶり。

今日トレスに行く目的は、固まった筋肉たちのリセットなのだけど。解きほぐされるのは、実は筋肉だけではないんだな。決まって帰り道は気持ちも上向き。
身も心も楽になれるような。そんなイメージ。

心と体は繋がっていると言いますからね。

自分のストレス発散の方法の一つは、トレスに行くこと、だと気がつき始めた今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

花粉、飛んでますか?



《モスクと西薗博士》

中東には10日間の滞在だったにも関わらず、帰国してからというもの、時差ぼけを感じずにはいられません。

それとスギ花粉も。

メカの田村氏をして『今日は鼻の穴に空気清浄器を設置したいぐらい』と言わしめるほどの飛散量。…らしいです。

自分も何となく目が痒い気がするけど、まだ認めていないからね。これはまだ花粉症と呼べるレベルではないはず!

腸内環境を整えれば症状が軽くなるよと、よく耳にするので。腸に優しい生活を心がけてみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/03

アジア選手権ロードレース

アジア選手権ロードレース


自分たち日本チームは惨敗。
当初、チームの皆んなで思い描いていたイメージからは程遠い結果に終わり、とても無念です。

レースは序盤に出来た9人の逃げグループに各国1名ずつ、日本は自分とフミで乗っていたのだけど、ほどなくして僕のリアがパンク。

先頭グループから下がり、メイン集団もパスして、更にチームカーが来るまで下がり続ける時間。
これほど切ないものはなかった。。。

結局2度のパンクと3度の車輪交換で大事な時間帯に、集団に戻るための個人TTをするというはめに…。さすがに脚が削れていくのを感じました。

でも絶対に諦めない。絶対に。投げ出せばその瞬間に終わるから。

レース中盤、気力と根性で第2グループまでジャンプしていって、ユキヤを4人の追走最終便に送り込み。…その後は更に悪あがきしたのだけど届かず、結果的に僕のレースはここで終了しました。

思い通りに動いてレースを作り、展開を手繰り寄せる余裕があっただけに今回のレースは本当に悔しい。最後までエースの近くに居てやれなかったことが心残りだ。最後のシチュエーションに、もう一人送り込めていたら。。。

レースはゲーム。
勝つためには肉体的な要素と同じぐらい、心理的要素と思考が鍵を握っていることも、身をもって感じました。

すべきところはしっかりと反省して。
ただネガティブなだけの感情は忘れて。
今後に活かせるように真摯な姿勢で競技に取り組もう。

まだ今年のレースは始まったばかり、挫けてなんかいられないよ。
気持ちを切り替えて前に進みます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/03/01

U23ロードレース

U23ロードレース


本日のU23ロードレース、タイヤ一本差での優勝には興奮しました。

個人TTの小野寺といい今日の岡本といい、この世代はポテンシャルの高い選手たちが揃っているんだな。。。

そんな〝(ペース)ガチ上げの岡ちゃん〟の異名を持つ岡本。(←親しみを込めて)
初めて沖縄キャンプで会った時は、こんなに強い21歳が日本にも居るのかと驚きましたが、今日、その実力が証明されたようですね。

バーレーン王国が舞台となったアジア選手権も、いよいよ明日が最終日。
沖縄の強化合宿では岡本に厳しい稽古をつけてもらったので、自分も頑張れそうだよ。

そして何故だろうか。
この年齢になってくると、自らのためにと言うよりも日本のために戦いたい。そんな愛国心じみた気持ちが強くなってくるのは。

日本人としての誇りを胸に。明日のエリートロードレースも、チームJAPAN一丸となって頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »