« 2017年4月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年7月

2017/07/29

現場の空気を肌で感じて

現場の空気を肌で感じて

《マイクを握りしめて、こちら側から観るレース》

ご無沙汰しておりました。
先ずは、簡単に近況報告をさせて下さい。

4月以降、これまで何をしていたかを記すのに闘病生活と書くのは大袈裟な感じがしてアレなのですが、まさしく病気と闘っておりました。

辛かったの一言。
…追い追い、書き記していこうと思います。

正直なところ、投薬での治療には出口の見えないもどかしさがあります。また、病勢を完全に抑え込んだわけではないので、今後の体調に不安を抱えていることも事実です。

ただ、何人かの信頼できる医師とお話させて頂いて、今後の治療方針も定まりつつあります。
一歩一歩着実に、良い方向へと向かっている。それだけは確かなので、ひとまずご安心ください。

そんなわけで本日は、
廣瀬GMの『そろそろ公の場に出てみる?』の一言で決まったJプロツアー大田原クリテリウム、ゲスト解説の仕事でした。

久しぶりに来るレース現場には、懐かしさすら覚えた。

こんなに熱くなれて、仲間たちと喜びを分かち合える素敵な仕事は、なかなか無い。今日はチームの優勝に、最高のドラマを見せてもらいました。なんだか元気が出たよ。

あぁ、自分も早くこの場所に帰ってきたいなと、心から思いました。現場に戻って、また皆と一緒にいい仕事がしたい。

身に起こるすべてのことが、僕の人生の個性なのだと捉えて、前向きに行こう。

この先に、
まだ続きがあるのだから。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年10月 »