2017/09/23

世界選手権ロードレース

3度目の世界選手権、U23として最後のレースが終わりました。

チームとして、15位以内という目標で臨んだこのレース、結果としては岡本の46位が最高位となり、苦しいレースになりました。

チャレンジはして見たものの、今回は作戦がハマらず。
何よりチームワークが上手くいかなかった…

以下レースレポート。


今回のチームプランとしては、厳しい展開になった時に最も勝負出来る可能性が高い雨澤さんを1番のエースとし、展開次第でスプリントになった場合は岡本を残せるように、温存させていく方針。

今回のメンバーを見て、絶対的なスプリンターを抱えているのはディフェンディングチャンピオンであるクリストファー・ハルフォルセン率いるノルウェーくらいで、他の主要国は厳しい展開を臨むメンバー構成が伺えた。

加えて天候も雨で気温も15度前後と、コンディションもハード。

場合によっては逃げて一定ペースで走った方が最後まで残れる可能性もある。
(集団でペースが落ちると冷えて身体が動かなくなるリスクもある)

なので僕とマサキのどちらかが逃げの展開に乗れるように、と言う感じ。
逃げに乗れなかった場合も、小野寺らとチームで位置取りし、とにかく前で走る事に念を押した。


Img_5578
《photo:UCI Facebookページ》

ゼッケン番号順にコールされスタートに並び、ニュートラルなしのスタート。

すぐにアタックがあるかと思ったが、赤いチーム勢(デンマークノルウェー系)が前を固め、コントロールする気満々。

そんな中、コース1番の登り(サーモンヒルと言います)手前でオーストラリアが口火を切るアタック。
ちょうど後ろにいたので思わず反応!

2人で飛び出す形に。

更に後ろからベラルーシ(ラヴニール第5ステージで逃げ切り優勝した選手)スウェーデンが合流。

集団は相変わらず北欧連合が前を固めてコントロールしている。

30秒程開いたところで更にエリトリアとポルトガルが合流し、6人逃げが容認された。

こんなにあっさり決まるとは…

逃げメンバーが主要国はオーストラリアくらいで、あとは警戒されない選手ばかり。

そして1周が完了する頃には頼みの綱のオーストラリアが集団に戻ってしまった😭

「これはあかん逃げや😭」

案の定ペースもいまいち上がらず、まだ180kmあると言う現実からも逃避行(笑)

するとバイクから追走一名という情報が入る。
誰かは分からなかったが、随分脚を使って気の毒になぁと思いつつ逃げる。

3周目、ついに追いついて来た追走はなんとマサキ(笑)

6人中2人が日本と言う逃げメンバーに。

タイム差は2分半で止まり集団はノルウェーがコントロールしていると浅田監督から伝えられる。
踏んでも詰められるだけなので、なるべく脚を使わずに、リラックスして走る事を心がけた。

そして5周目、今度は6人の追走集団が追いついて来た。

少しは良いメンバーが来たかと期待したが、見事なまでに弱小国を集めたメンバー😭

ここからは本当に地獄だった…

弱小国でも12人束になれば楽に逃げられるはず!
と言う期待とは裏腹に、ローテーションもまともに回らず、挙げ句の果てにアタック合戦が勃発。

意味がわからない。

一定ペースで登りはイージー、平地と下りは全開!と言うのが本来逃げのメリットであるが、登りは全開!平地は牽制とアタック!という謎の行動を繰り返すモロッコ、エリトリア、ハンガリー😭

何度もグループが分裂し、ペースは遅いのに脚が削られていく😭

そして7周目、人数も7人ほどに減っていて、タイム差も50秒もなくなっている。
そしてサーモンヒル手前、後ろを見ると🇺🇸のマクナルティーがいた!

いつの間に!

更に後ろに大集団。

マクナルティーはそのままアタック!
反応したかったが、ポジションをミスって動けない。

そのままペースの上がった集団に吸収され、エスケープ終了。

集団からは更にパヴェルシバコフ(ロシア)や主要国のエース級が飛び出し、8人が抜け出した。

このペースアップで、予想以上に脚が無くなっている事に気付く。

このまま決まりかねないメンバーが行ってしまったので、集団も中々速い。
これはキツい…

下って平坦、日本チームは岡本を発見。調子が良さそうだ。

雨澤さんを探すが、中々見つからない。

最後尾まで下がると、雨澤さんを発見!
調子がかなり悪いとの事だった。

どこかで引き上げる動きが出来れば良かったが、いかんせん自分の脚が皆無。

8周目も登りでアタックがかかり、最後尾まで下がってしまった僕は限界寸前。
どうにか耐えて9周目に入ったが、もう力は何も残っていなかった。

サーモンヒルで瞬殺され、ラスト1周は1人で完走を目指してフィニッシュ。

逃げはリスクのある賭けであり、結果に結びつかない事の方が多いが、今回思ったより天候が荒れなかった事、逃げメンバーが良くなかった事、色んな要因が合わさり、自分としてはキツい展開になってしまった。

ただ、今回チャレンジ出来たのは決してマイナスではなかったと思いたい。
やってみないと分からないし、チームの存在感も示せたのは良かった。

個人としても、チームとしても、目標とする結果には繋がらず、反省点も沢山あったレースでしたが、これでU23欧州遠征は終了。

現地、日本からの応援、沢山ありがとうございました!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017/09/21

U23欧州遠征最後の

こんにちは。

昨日で全カテゴリーのTT種目が終わりましたね。
今年のコースは例年に比べてどのカテゴリーも厳しいコースで(特にエリート男子)平均スピードの上がりにくいコースでしたが、走った身としてはトップ選手達のパワーが如何に異次元かが身に染みます🙀

トップと比べてもあまりプラスになる事はないので、今は自分のポテンシャルを可能な限り上げる事を考えて、腐らずやっていく所存。

この業界に居場所がある限りは。

さて、そんな今日は、全カテゴリー休息日。
ロードコースの公式試走が行われました。

3分の2はTTコースと同じですが、途中逸れて2km弱の登りを登るコース。

勾配は緩めなので、感覚的にはTTコースの方がキツかったかな。
とは言え、1周19.1kmを10周する(191km)と考えると、勝手に脚が削られて行きそうです。

Img_5572
《スタートフィニッシュはTTと同様》

年間の降水日数が300日とも言われるこの地域でしたが、僕らが来て数日は晴れの日が続いて、地元民からは異常気象とまで言われていたここベルゲンですが、いよいよ本領発揮して来た様子で、昨日から明日まで雨予報☔️

気温も10〜14℃くらいと寒く、厳しいレースになりそうです。

U23はいよいよ明日レース。

2ヶ月間の欧州遠征も明日が最後のレース。
そしてU23として走る最後のレースになります。

チームJAPAN5人で、良いレースが出来るよう、頑張ります!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/09/19

世界選手権個人タイムトライアルU23

日本チームとしての世界選手権初日、僕のタイムトライアルが終わりました。

結果から言うと、56人出走で玲が43位、僕が44位。
トップとも大差が付き、それなりにテンションが下がっている私ですどうも。

今回のTTに関して、枠は3枠あったものの、出走しないと言う選択肢もあったわけですが、全日本でもそれなりの手応えは感じたし、昔よりは良い結果が出せるのではと期待して、力試し的な気持ちでエントリーを希望しました。

目標としては、まずは自分のベストが出せるように走る事。

トップの連中はヨーロッパ選手権や他大会でも平均51km/h以上でロングTTを走るようなレベルだ。
今のままでは逆立ちしても勝てないのは百も承知。

どこまでタイム差を抑えられるか、自分のパフォーマンスを出し切れるかが勝負。

しかし結果はトップと5:14秒もの差がつき、全日本の時と比較しても平均パワーが25W落ちと言う結果に。
もちろんコースも違うので、単純に比較は出来ないけれど、目標には程遠い走りだったと思う。

スケジュールの関係上、TTに対して十分な準備は出来なかったけれど、沢山の方々に注目、応援して頂きながら、この結果は申し訳ないところ。

とは言え、もとより狙っていくべきはロードであり、ポジティブにロードに繋げていかなければ出た意味がない。(むしろ逆効果)

ロードレースは22日。
テンション上げてあともう一踏ん張り、頑張ります。

Img_5531
(photo:Kei Tsuji)
Img_5536
(photo:Kei Tsuji)


《番外編》
Img_5543
(ジュニアに出走の松田君)

僕が思うに、日本人に最も足りていないのは、レース戦術やテクニックよりも、ただ単純な「独走力」つまりはタイムトライアル能力だと思う。

もちろんTTが早いだけでは勝てないのがロードレースだけれど、TTや登坂力の水準が最低ラインを超えないと、これ以上上には行けないと感じている。

本題に移ると、ジュニアの松田君は本物の「脚」を持っている日本人だ。

ネイションズカップのTTでも4位に入った実力者。
明日のタイムトライアル、要チェックです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/17

TTコース公式試走

こんにちは。

ノルウェーも2日目、今日はTTコースの公式試走日で、交通規制を行なったコースをTTバイクフル装備で走ってきました。

ロードコースも半分は同じコースで、スタートゴールも同様。

U23は小さな周回と大きな周回を回る37km。
Img_5516


Img_5514
《獲得標高は450m程》

コースの印象は、👆を見ても分かるように、平坦な場所が少ない。

コース1番の登りは距離約1kmで平均9%、最大14%の激坂。
ここはTTバイクフル装備が重く感じますね。

下りもテクニカルだったり、減速用の段差が至る所にあったり、石畳区間があったりと、難しいコース。

平均スピードが上がりづらい印象です。

ペース配分やテクニックがタイムを左右しそうなので、入念にイメトレしておきます。

Img_5515
《ノルウェーといえばサーモン》

レースは明後日、あとは回復に専念します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/16

着きました?Bergen。

こんにちは。

無事にノルウェーのベルゲンに着いております🇳🇴

Img_5508
《多分ベルゲンです。》

Img_5506
《現在地》

フランスから見て、かなり北に来ただけあって寒い。

今回の滞在場所は、大型ゲストハウスを借り切った宿舎で、キッチンやトイレシャワー等共有ですが、専属でシェフが帯同して下さり、毎日美味しいご飯が食べらる最高の環境です😍

いつもお馴染みの心強いスタッフ陣にもサポート頂き、良い状態で臨めそうです。

世界選手権はジュニアの時に1回、U23で1回、今回で3度目の出場となります。

ジュニアの時はTTも手応えのある結果(29位)で、ロードも絶好調でしたが、勝負所で他国の捨てたサコッシュがホイールとディレーラーに絡まって走行不能になり終了という悲しい結末でした。

2年前に走ったリッチモンドの世界選手権は、忘れ去りたい苦い思い出。
引退を決意したレースになりました。

失態続きの大会だけに、見返したいという気持ちの強い大会です。

世界一を決める大会で、自分史上最高の力が出せるよう、頑張ります💪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/15

最後の晩餐@AUTERIVE

こんにちは。

世界選手権に向けての出発準備を大方終わらせ、寝る前の私ですどうも。

長らくお世話になったこの家ともお別れ。
元々エキップアサダの拠点だった(今もそうですが)オートリーヴの家も、U23ナショナルチームの拠点的な場所になりつつある感じでしたが、エリートに上がると恐らく来る機会もないか…


思い出深い地であります。

過去に沢山の選手が使ってきた家でもありますが、もう引退してしまった選手が買ったものが、今も使われていたり、お宝満載です。

Img_5497
《梅丹本舗の選手紹介ブックを発見》

Img_5498
《この爽やかイケメンは誰だ?》


Img_5499
《僕の知ってる増田さんと違う!(笑)》


Img_5500
《監督!》

以上小ネタでした。

Img_5496

《最後の晩餐、食当は僕&雨澤さん》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/14

オートリーヴにて最後の調整

こんにちは。

スペインでのステージレース遠征も終わり、今はまたフランスはオートリーヴの家に戻っています。

レース後はトラブル続きで、長い道のりでした(笑)

日本では滅多にないですが、こちらでは毎年1回は起こるハプニング。
無事に帰って来られて良かったです。

そんな今はレースの疲れも取れてきたので、トレーニングを再開しています。

Img_5487
《昨日の回復走での1枚》

今日は歩と2人でピレネー(片道60km)まで行きましたが、峠が途中で通行止めでUターン😭

こちらでトレーニング出来るのも明日まで。
15日の飛行機でノルウエーに移動します。

フランスは過ごしやすい暖かさですが、ノルウエーは寒いらしい❄️

日本は如何でしょうか?


さて、僕の出番はTTが18日、ロードが22日に行われます。

悔いなく走れるよう準備して行きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017/09/10

バレンシア第4ステージ

今日は最終ステージ。
4ステージ中最も高低差が少なく、ゴールスプリントになる事が多いステージ。

気合を入れて臨んだものの、ラスト200mの最終コーナーでスライディングをかましてしまい、ステージ成績はおろか無傷でゴールするという最大の目標を果たせなかった😭

とは言え幸いにも怪我は軽い擦過傷のみで、ほぼノーダメージ。

代わりにスプリントしたレイチャンが2位に入りました。

そんな今日のステージを簡単に振り返ります。
コースは1周13kmちょいを9周する122km。
ほとんど平坦だが、ゴールの街が細く入り組んだ道で、後ろにいると脚を使う。
ゴール前はもちろん前にいないと勝負出来ない。
基本的には楽なコースだが、今日は風が強かった。
レースがスタートすると、カハルーラルやエクサンプロバンスなどのチームが横風を使ってペースを上げて行く!
これは前で回さないと逆にキツいやつ。
自分もローテに入りながら、ずっとハイペースで周回を重ねる。
するとバイクから1分半差のボードが。
逃げが行ってるはずはないので、何のことかと思って後ろを見ると40人くらいに減っていた。
いつの間に。
チームは雨澤さん、石上、アユム、雄大、僕が残っていた。
そして最初のスプリントポイント、アユムが取ればジャージをほぼ確定される事が出来る。
雄大がアユムの為にリードアウトし、そのままアユムを発車。
その後ろで雄大が華麗にスライディング!😭
どんだけ身体を張ったアシスト?!(笑)
後ろは分断して無事アユムがポイントを獲得💦
ここの路面は砂利が浮いてるし、テカってるのでかなり危険箇所だ。
そんなトラブルもあり、集団はペースが落ちてしまい、気付けば集団が大きくなっていた。
その後はカウンターで8人程がタイミングで抜け出し、集団はリーダーチームやポルトガルチームなどがコントロール。
ラスト2周辺りで捕まえると、いよいよ最終周。
チームで固まり、今回は僕でスプリントを狙う事に。
街に入るまでの数キロは道が広くて超スピーディーだが、ロータリーを挟んで一気に狭くなるので、ここを入った順でかなり決まる。
雨澤さんの牽引で先頭まで上がり、雄大にバトンタッチ。その後ろに横山、玲、僕が付く。

しっかり人数を残せている!

しかし問題のロータリー直前、両サイドから一気に被せられ、3番手に付けていた僕は位置を下げて逸れてしまう。

更に次のロータリーで横山含む数名が落車。

交わしながらもがいて前を目指すが、勝つには最終コーナーを3番手以内で曲がりたい。

玲がかなり良い位置に付けている中、少し突っ込み気味で最終コーナーへ突入!
が、ここで前の選手にインを閉められる!

やってはいけないコーナリング中のブレーキで、フロントからスリップダウン。

今日このままゴールできれば、ゴール着順の総合であるポイント賞を獲得できたのに、全部失ってしまった。

ゴールの街の路面が異様に滑るのは分かっていたはずなのに、無駄なリスクを負ってしまったのは愚か者であった。

ただ、チームとしてステージ優勝1回、2位3回、山岳賞、スプリント賞を獲得し、今までにない結果と手応えを掴めた遠征になったと思う。

世界選手権まで残り僅かですが、切り替えてしっかり調整していきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブエルタバレンシア第3ステージ、またしても2位

今日は第三ステージ。
昨日の失態で総合は蚊帳の外になったので、切り替えてステージ狙いで行きたいところ。
チームとしては山岳賞の雨澤さんとスプリント賞のアユムがいるので、逃げてポイントを加算させたい。

僕は正直昨日から調子が悪く、疲れが抜けてない感じなので、あまり無理はしないで走ろうという作戦。

コースは去年までと変わり、高低差はあるものの、流れるコースで案外楽な1周24km×5の120km。

とは言え、ゴールだけは毎年恒例の壁坂ゴールなので、登れるスプリンター的な選手が有利。

レースの方は、山岳賞を確定させたい雨澤さんがKOM前の登りでアタックし、7人くらいの逃げが決まる。

集団はリーダーチームやスペインの有力どころがコントロールする形で、安定したペースで進んだのでしっかり温存することが出来た。
KOMからゴールまで3kmなので、最終周は登りの位置取りに気を使い、下り基調で一気にゴールへ。
ロータリーでゴチャゴチャしており、少し番手を下げてしまう。
最終コーナーからゴールまでは320m、勾配も15%近い激坂なので、前で入らなければお終いだ。
しかし色々失敗し15番手くらいで曲がる事に。
遠目に1人完全に飛び出してるのが見えるが、ひたすら全開でもがいて行く!
すると思ったより脚が残っていたようで、2番手まで浮上!
しかし先頭は全く勢いが衰えず、追い付く気配がない😭
そのまま2位でゴール。

今日もスタート当初はあまり狙えるつもりではなかったが、終わって見ると「また2位かよ」と悔しさが込み上げる。

今シーズン4度目の2位😭

まだ一勝も出来ていないので、明日に全てぶつけたい。

今日は横山も5位、石上が11位に入り、チーム賞を獲得。
そして雨澤さんが山岳賞を確定させました!

バレンシアでこんなにJAPANが活躍できているのは初めてなので、素直に嬉しいところ。

明日もアブロック!
Img_5453
《優勝者は圧倒的》

Img_5455
《みんなめっちゃキツい》

Img_5459
《チーム表彰》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/09

バレンシア第2ステージ

日本ではツールド北海道が始まってますね。

スペイン時間だと、朝起きるともうレースは終わっていて、情報を漁るところから1日がスタート。

増田さんの怪我は本当にショッキング。

僕が入院中の時も、1番沢山お見舞いに来てくれた増田さん。

今はお見舞いに行けませんが、回復を祈ってます🙏

そんな僕らはバレンシア第2ステージ。

Img_5440
《photo ドゥニーさん。スタート前に記念撮影》
昨日のステージでリーダーチームになってしまったので、本来であれば「逃げには乗せずに集団をコントロールする」というレースを他チームからは求められるところ。

とは言え、チームとしてもこのまま雄大で総合を狙う訳でも無いし、各選手が自分の成績を狙って走ることが今回の遠征のプランであるため、チームで守る動きはしない事で一致した。

Img_5441
《今日の高低図》
今日は序盤平坦で、60kmあたりから2級山岳、80km過ぎから1級山岳のあるステージ。

平坦で集団コントロールを免れるためには、ポイント賞のアユムが逃げる、もしくはリーダー自ら逃げてしまうのも手だ。

そしてレーススタート。
序盤からリーダー自らアタック、周りのスペイン人もこれには動揺していた(笑)

僕らもこれを決めたかったので、両サイドを塞いで集団の抑えに徹する。
すると見事に決まってくれた(笑)

総合リーダー含む5人が逃げるという珍しい構図に。

タイム差が3分程になったところで最初の登りへ。
キツいながらも前方で登り、すぐ先に雄大の逃げが見えてくる。

更に頂上手前で雨澤さんがアタックし、下りを経て単独で前に合流。

僕はすぐ後ろで追撃をチェックしながら下っていく。

それなりにキツかったので、少しは人数が減ったかなぁと思い後ろを見ると、全く減っていない😭

後でデータを見返したが、全くパワーは出ていなかったので、今日は相当調子が悪かったようだ。

そんな感じで次の1級山岳が始まり、脚が完全ストップ。

こんなにダメな走りをしたのは久々だ。

集団から大きく遅れてしまったので、足切りにならない程度にゴールまで走って今日は終了。

チームとしては雨澤さんが集団に吸収される前にアタックをかけ、1級山岳を先頭通過して山岳賞を獲得。

ステージ結果は9位だったが、強さを見せたレースになった。

明日はアップダウンのキツい周回コース。
今日はダメダメだったので、明日明後日で挽回して行きたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ブエルタバレンシア第1ステージ☆ワンツー