« 2017年の元旦 | トップページ | 年明け早々... »

2017/01/03

書き初め

こんばんは。
今日は茂木で100㎞サイクルマラソンでしたね。僕は行ってませんが(笑)
参加された方はお疲れ様です。
僕は6年前の競技を始める前の頃(中3)に、練習もせずに参加し、途中でハンガーノックになってラップされた思い出がありますwobbly

そんな岡家では毎年恒例となりつつある、書初めを実施。

毎年「干支」に因んだ字を書いていますが、今年は酉年。
鳥にちなんだ熟語やことわざを探しましたが、良くない言葉ばかりで焦りました(笑)
例:烏合の衆、鵜の真似をする烏 etc....
言葉的にはポジティブな、一石二鳥、飛ぶ鳥を落とす勢い、等も、鳥からしたらたまったものではありません(笑)
鶏口牛後」という言葉もありましたが、これからは牛のトップを目指すということで却下。
Img_3461
(書家だったご先祖様から母が受け継いだ大きな硯にて)
そんなわけで、あまり鳥には拘らず、無理やり感のある3枚を書きました(笑)
立つ鳥跡を濁さず
今まで跡を濁して迷惑をかけてきたので、自分にはぴったりです(;´・ω・)
七転八起
波はあっても、少しずつ前に進んでいきたい!
絶好鳥
適当(笑)
何か良い言葉があったら教えてくださいcoldsweats01
さて、ともあれ、今年が皆様にとっても私にとっても良い年でありますように!

|

« 2017年の元旦 | トップページ | 年明け早々... »

コメント

その発想はなかったです(笑)
素敵なコメントありがとうございます!

投稿: 岡篤志 | 2017/01/04 14:59

( ´艸`)プププ絶好鳥、笑わせて頂きました。こんなの思い付く岡さんは、ひょっとしてお鳥子者?
さて、ともあれ今シーズン、『天下酉』目指して頑張って下さい。

投稿: あばぁば | 2017/01/04 00:18

「能ある鷹は爪を隠す」なんていかがでしょう?
レースの駆け引きのうまさにも通ずるところがあるように思いますが。
お正月らしく「一富士二鷹三茄子」っていうのもありますが、鷹が二番目ってあたりで却下かな?

投稿: ひっさん | 2017/01/03 23:38

「梅に鶯」の言葉はいかがでしょうか。
取り合わせのよい二つのもの、よく似合って調和する二つのもののたとえ。仲のよい間柄のたとえ。
だそうです。岡さん(また馬渡さんも)と宇都宮ブリッツェンが調和し、チームに馴染み、皆さんと仲のよい間柄になっていく。そんな言葉に感じました(*´︶`*)

投稿: すかんぽ | 2017/01/03 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/64716448

この記事へのトラックバック一覧です: 書き初め:

« 2017年の元旦 | トップページ | 年明け早々... »