« 実家暮らしの時よりテレビを見るようになった私。 | トップページ | 心の充電満タンに »

2017/03/14

正しいペダリングとは何ぞや

今日は、正しいペダリングとは何だろかという議題を皆さんとシェアしたい。

ご存知チームではパイオニアのパワーメーターを使っているが、皆さん既に使っている方、気になっている方も参考にして頂ければ幸いです。
あくまで個人的な意見なので、違うと思ったら聞き流して下さい(笑)
先に言っておくと、僕はあまり綺麗なペダリングではありません😭

パイオニアのパワーメーター最大の特徴は、ご存知「ペダリング効率」が分かる所だと思うが、使いこなすのは結構難しい。

使い始めた頃は、ペダリング効率を見ながら意識して効率を上げようとしたり、左右差を無くそうとしたりした方もいるかと思いますが、そのうちやらなくなったり…と言う話もよく聞きます。

僕が思うに、表示されるペダリングは今の身体の結果であり、意識だけで変えて行くのは難しい。と思います。

現状を知り、原因を見つけ、身体を変えていく、と言う流れが必要だと考えてます。

まずそもそも、正しいペダリングとは?という所ですが、円を描くようにペダリング効率100%!が楽なペダリングかと言うと、そうではないと思います。(というか無理)

人の身体はモーターではないので、構造上真下に踏むパワーが1番強いため、無理に引き脚で引っ張ろうとしても、かえって疲れてしまいます。

上死点を0°、下死点を180°として、60°〜120°あたりでしっかり踏めていれば良いのではと思います。

それを詳しく見るには、ペダリングモニターよりも「ペダリンググラフ」がオススメ。

Img_4001
(👆画像は使い始めて初期の頃のペダリング)
接線方向のグラフを見て下さい。
このペダリングだと、踏み始めが遅く、逆に下死点に近いところまで踏んでしまっているのが分かります。これだとロスがあります。
最大パワーが90°のあたりに来るのが理想でしょうか。

ここで分かるのは、股関節の深い屈曲時に出せるパワーが低いという事。
そこで補助的に「フルスクワット」や「デッドリフト」などの、深い姿勢を鍛えるウェイトトレーニングなども行います。

引き脚でパワーロスが大きい人は、引っ張る筋肉を鍛えるよりも先に、股関節周りの柔軟性を上げることをオススメします。

股関節が詰まって上がらないパターンが多いと思うので。

Img_3995

(そしてこれは沖縄合宿中のデータ)

まだまだ良いペダリングとは言えませんが、だいぶマシになりました。

Img_4002

(某フォームの綺麗なチームメイトのグラフ)
これを目標に頑張ります。

まぁ、極論速ければ正義なのですが、色々考えて見るのも楽しみの一つです。

|

« 実家暮らしの時よりテレビを見るようになった私。 | トップページ | 心の充電満タンに »

コメント

第5回みやだクリテリウムのインタビューで「パワーが欲しい」と言っていた岡選手。
勝っても問題意識を持って『現状を知り、原因を見つけ、身体を変えて』来た岡選手。
次は綺麗なペダリングを目指すのか、問答無用の正義を目指すのか。楽しみです!

投稿: あばぁば | 2017/03/14 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/65015661

この記事へのトラックバック一覧です: 正しいペダリングとは何ぞや:

« 実家暮らしの時よりテレビを見るようになった私。 | トップページ | 心の充電満タンに »