« チャンスを掴むのは難しい。明日はラストチャンス | トップページ | 表紙と18ページがブリッツェン »

2017/04/02

ツールドとちぎ、沢山の応援ありがとうございました。

ツールドとちぎが終わりました。

結果はご存知と思いますが、総合成績としては、昨日から変動はなく、「現状を守り切った」という感じ。
最後にステージ優勝して終わりたかったのですが、ちょっと苦い終わり方になってしまいましたね。

しかし本当に素晴らしいレースで、走っていて毎日楽しめました。

また来年リベンジしたいですね!

以下簡単に今日のレポート。

今日のプランは譲さんの総合を守りつつ、展開によっては攻めて行く、スプリントになれば自分がゴールを任されると言うような感じ。

総合上位の4人は1分以上リードしている上、1位のベンジャミン ヒル選手もボーナスタイムのみでは逆転できないタイム差を持っているため、逆転するには逃げるしかないが、総合上位の選手が逃げるのはかなり難しいこと。

14km地点の山岳ポイント(勾配は緩いが5kmくらい?)で攻撃してリーダーチームを手薄にし、精鋭グループから思惑の一致する強い選手と逃げるのがベスト。
場合によっては自分が逃げるのもありである。


そしてレースはスタートし、最初で最期とも言える勝負所の登りへ。
マヌケなことにあまり前で入る事ができず、総合を上げたいBSの西園さんと鈴木龍さん、キナンの2人(計4人)が先手を打ち飛び出す。

リーダーチームのガストが必死に追う中、集団は早くも千切れる選手が出始め、遅れた選手を交わしながら、譲さんと共にガストトレインに合流。

山岳ポイント手前でリーダー自らもがき4人を吸収し、そのままKOMも1位通過。強い…

おかげでペースが上がり、下り切ってみると集団は20数名、タイム差40秒との情報。
しかもガストはアシストを使い果たし丸裸!
昨日の右京と同じパターンや!!とテンションが上がり、BSやキナンのアタックに便乗して何度か抜け出してみるも、やがて後方から集団が追いつき、ガストのアシスト勢と、スプリントに持ち込みたいオリヴァーズフードやマトリックスも揃ってしまったので、チャンスは終了。

それでもBSは諦めずに逃げにトライしていたけれど、ガストのチーム力が勝っていた。

やがて石橋さんの漢の1人逃げが始まり、集団はサイクリングモード。
こうなってしまうとこれ以上攻撃するのは難しい。

話し合いの末、スプリントでのステージ狙いに切り替える。

そしてゴールが近づき、計算通りに逃げを捕まえ、ゴールスプリントの位置取りが始まる。
最終コーナーまでトレインを組めればベストだが、落車で飯野さんも失ってしまい、他の選手のコンディションもベストとは言えない状況なので、少し後ろに待機しながら、増田さんとアベタカさんにポジション取りしてもらい、適切なラインを探す。
僕が最も警戒していたのはトラック競技のスペシャリストでもあるオリヴァーズフードのショーン ホワイトフィールド選手。
平坦だけならかなり強いチーム。
ここのトレインに乗る。
そしてラスト1km、かなりゴチャゴチャしていたが、オリヴァーズとBSの陣さん、マトリ吉田さん、その後ろに僕が付く。
最終コーナーから350mあるので、悪くない位置。

そして最後にハプニング。

Img_4142

最終コーナーより一つ手前のラスト500mあたりに、チームカーが入るためのレーンがあったのだが、右折の矢印が掲げられていたために、オリヴァーズトレインが揃ってコースミス。
後ろにいたスプリンター勢揃ってコースアウトし、僕もスプリント権を失う位置まで下がってしまった。

オワタ〜
と思いながらも、総合タイムも微妙なので最後までもがいてゴール。

地元でコースも知っていたはずなのに、一緒にコースアウトした自分も恥ずかしい。
畑中選手が優勝とアナウンスされ、ボーナスタイム10秒なので総合6位から7位に落ちた〜と思っていたら違ったらしい。

ともあれ、不完全燃焼で終わってしまった感じで悔しい。

珍しく今日は両親も応援に来てくれていたのでカッコつけたかったのだけれど(笑)

でも少しは成長した所を見せられて良かったです。


UCIポイントも初日と総合で13点獲得。
総合成績も周りの選手の経歴を考えれば胸を張れる結果だったと思います。
勿論、まだやれると言う気持ちが勝って満足できないけれど。

今回の収穫は、まだやれると言う手応えが掴めたこと。

一休みしてから、またトレーニング再開して行きます。

まずは来週のチャレンジロードで勝てるように頑張ります。

3日間、熱い声援ありがとうございました!!!
Img_4144


|

« チャンスを掴むのは難しい。明日はラストチャンス | トップページ | 表紙と18ページがブリッツェン »

コメント

お疲れ様でした。
とにかく凄いのひと言です。『通用する事がわかった』レベルじゃないですよう!
あのハプニングが無くて真っ当にスプリント勝負してたらどうなっていただろうかと
悔しさよりも『見てみたかったー!』というのが本音です。
ワクワクさせてくれる選手ですね、岡選手!次も期待します☆〜(ゝ。∂)

投稿: あばぁば | 2017/04/02 23:31

3日間お疲れ様でした!前チームから岡選手の応援していたので地元チームに来てくれてすごく嬉しいですcoldsweats01次のレースも怪我のないよう頑張って下さいね。

投稿: ハヤセ | 2017/04/02 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/65100492

この記事へのトラックバック一覧です: ツールドとちぎ、沢山の応援ありがとうございました。:

« チャンスを掴むのは難しい。明日はラストチャンス | トップページ | 表紙と18ページがブリッツェン »