« 帰ってからのあれこれと全日本の事 | トップページ | 那須ロードレースは虚しく終了。 »

2017/06/10

気合いの空回りな那須塩原クリテリウム

こんばんは。
今日は那須塩原クリテリウムでした。
結果はご存知の通り。

チームでは2位、3位、5位と上位を占めながら、優勝を逃してしまう悔しい結果となりました。
僕が勝手に突っ走って負けてしまった所もあり、自己満足なレースをしてしまったと反省しています。

しかしチームの皆んなや、他チームからも走りを評価してもらえたのはせめてもの救い。

そんな今日のレースは予選と決勝の二本立て。
予選で色んなラインやポジションで走り、コースの特徴、楽な位置、スプリントの距離などを計りながら2位通過。

迎えた決勝はまさかの雨で、更に厳しいレースになりました。

プランとしては玲のスプリント、もしくはスプリントの出来る選手を乗せた逃げ切り。

レースがスタートし、例の如くスプリントに持ち込みたいマトリックスと、牙城を崩したいブリッツェンのドンパチが始まる。

アベタカさんや譲さんがかなり動いてくれて、集団もだいぶコンパクトになってくる。

そしてレースも残り半分を切ったあたりで、僕、雨澤さんとアベタカさん含む8人の逃げが出来、最高の展開に。

しかしチェックとして乗ってきたホセ選手とアイラン選手(マトリックス)はローテーションを阻止する動きで、他チームも単騎なので乗り気ではなく、大半をブリッツェン(特に雨澤さん)が牽く状況に。

ラスト4周になり、このペースなら1人でも逃げ切れる自信があったので、スプリント賞に乗じてアタック!

後ろからはホセ選手が来ているが、着かれたら最後絶対に前に出てくれないのは予想できたので、全開で逃げる。

がしかし、脚の温存具合に差もあり追い付かれる。

後ろのグループとも差が開き、メイン集団は更に後ろ。
このままホセ選手に引き戻されるのは何とも納得行かなかった。

Uターンが僕の方が早かったので、Uターンの度にもがいて引き千切ろうとするも、直線で追い付かれる。
当然ローテの要求も「No」

そうこうするうちラスト1周、ここでメイン集団からマトリックスのエースが遅れたのを見て、ホセ選手がアタックして来る!
マジかよと思いながら、付き直そうとしたが少し離れる。

ゴール前までに追い付ければスプリントで勝てる。そう思い必死に追走したが、ここまでずっと貯めていたホセ選手とは力の差があり、最後まで差は縮まらずにゴール。

レース後ホセ選手から謝罪されたものの、悪いのは僕の頭ですね(笑)

集団の頭も玲が獲っているし、僕はホセ選手を連れてまで逃げ切る必要は皆無だった。

逃げ切って勝つことが美徳という考えが昔から染み付いていて、冷静な走りが出来ていなかった。

今日はチーム皆んな強くて、レースが作れていて、勝てるレースだったよね。

はい。
反省レポートはこの辺で、明日のロードレースに備えたいと思う(笑)

調子は良いので😤
Img_4700
(photo 小森さん)

|

« 帰ってからのあれこれと全日本の事 | トップページ | 那須ロードレースは虚しく終了。 »

コメント

そりゃあ悔しかったでしょうけど、熱い走りとドラマを見せて貰っただけで
最高に嬉しかったです‼️老獪なホセ選手にしてやられた感があると思うけど
若いうちはそれで良い、とは素人ファンの感想です。潔良かった❣️
バク転もムッチャ決まってて流石だあって思ったけど、疲れてるのに、明日もあるのに
どっかグネッたら…って後からハラハラしましたよう👵

投稿: あばぁば | 2017/06/11 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/65394798

この記事へのトラックバック一覧です: 気合いの空回りな那須塩原クリテリウム:

« 帰ってからのあれこれと全日本の事 | トップページ | 那須ロードレースは虚しく終了。 »