« チャンスがあるなら進むべし | トップページ | ラヴニール第2ステージ »

2017/08/19

ラヴニール第1ステージ

ツール・ド・ラヴニール開幕しました!
本日は第1ステージ。

まず、チームとしての最終目標は雨澤さんの個人総合。
次に大事なのがステージ成績。

総合成績が決まるアルプスのステージ(7.8.9ステージ)まで、雨澤さんがタイムを失わない事を前提に、序盤の6ステージは逃げやスプリントで上位を狙う。

そんな今日のステージは、ロデアックの街をスタートし、112kmぐるっと回って街に戻り、最後8km弱の周回を3周回ってゴールする計136km。

細い道のアップダウンや、横風が脚に来るようなコース。
今日のステージの作戦は、誰でも良いので逃げに乗り、勝負に絡むor岡本と玲でスプリント勝負という感じ。

そしてレーススタート。
逃げる宣言していた大喜が早速アタックするが、集団のペースも非常に早く、中々決まらない。
玲の逃げもすぐに捕まり、緩い登りの横風区間に差し掛かったところで、嫌な気配を感じて前へ。
案の定強烈なアタックがかかり、自分もここに乗っていく。
横風でブチブチ切れ始め、、路肩に張り付きながら先頭に合流。
15人くらいで抜け出したので、決まってくれと願ったが、気付けば集団が繋がっている(ToT)
この動きでしばらく脚が帰らぬ人だったので、集団中程に下がるも、ペースは早い。

久々のレースペースはキツい💦
すると下り区間で10人ちょいが先行する形に。
ここへ石上がブリッジをかけて合流!
しかしここから山岳ポイントの登りに入り、バックファイヤーしてくる(ToT)/~~~

メイン集団も行かせてはマズイ奴(ロシアのシバコフ選手)がアタックした事で超ペースアップ。
僕はと言うと先頭付近の争いとは蚊帳の外なポジションで、ここで決まった11人の逃げは成す術なく見送る事に。

ようやく集団は落ち着き、この逃げを行かせる空気になったので、休憩に徹する。
そしてロデアックの街に戻って来て、周回に入る所でタイム差は2分15秒という表示。
これは逃げ切りか…
と思っていたが、逃げに乗せていない国が組織立って追走に入った事で、みるみるタイム差が縮まる!
気合を入れ直し、岡本や玲と合流を試みたが、カオス過ぎて難しい…
とりあえず前で待とうと思い、もがいて先頭まで上がる!
ラスト1周へ入りタイム差は50秒。微妙なタイム差…
前のポジション争いでは「ジャポーネ!💢」と散々罵声を浴び、少し萎えてくるが、どうにかキープ。
ラスト3km、逃げ集団が目の前に迫っている!
追いつける!

ここからはロータリーが3つあり、更にカオス。

ここでふとした瞬間、一気に被せられてポジションを落としてしまった。
代わりに玲が良い位置まで上がって来たので、出来れば最後に一仕事したい。

路肩のジャリを走りながら前に上がり直し、ラスト500、ここで逃げを吸収!
と思いきや更に1人飛び出している。
玲を見失ってしまったので、自分もスプリントに参加!

前には15人くらいいて、あまり上位は期待できないが、チームカーの順位の為にも少しでも前でゴールしたい。
ラスト50m、このまま雪崩れ込みかと思いきや目の前で接触落車(ToT)
自転車が目の前に飛んで来て、全日本の落車再来か?!とビビってフルブレーキ。
幸い落車は免れたが、10人くらいに抜かれてゴール。

結果は26位。

まずは無事にゴールできて一安心である。
まだレースは始まったばかり、チャンスはまたあるはず!

今日は序盤のアタック合戦で思いの外ダメージがあり、金魚の糞レースだったので、明日からはもっとレースに絡んでいきたい所!
Img_5254
《日本から玲(とブリッツェン)のファンが応援に来てくれました(゚ω゚)》

みんなメッセージありがとうございます😊

Img_5258
《photo by Direct Velo》
デンマークの選手が逃げ切り、集団頭はU23世界チャンプ。


Img_5256
(リザルト)

|

« チャンスがあるなら進むべし | トップページ | ラヴニール第2ステージ »

コメント

2ヶ月ぶりの復帰戦がラブニールですもんね〜、そりゃあ脚も帰らぬ人になるし🤣
金魚の糞状態にもなりますよう🤣ゴールシーン、もがくあっくんと怜君が見える😍
落車はこの後ですね😱事なきを得て良かったです😊これからも、きっと大丈夫❣️

投稿: あばぁば | 2017/08/19 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/65681453

この記事へのトラックバック一覧です: ラヴニール第1ステージ:

« チャンスがあるなら進むべし | トップページ | ラヴニール第2ステージ »