« ラヴニール第4ステージ | トップページ | ラヴニール第7ステージ »

2017/08/24

ラヴニール第5ステージ、第6ステージ

こんにちは。
昨日は学校の宿舎のような所に泊まり、ネットも無ければ電気すら乏しい場所で、更新が途絶えてしまいました。

今は第6ステージを終え、来たるアルプスのステージに向けた移動が始まっています。
明日は待ちに待った休息日。


そんな私はというと、ここまで集団とタイム差は無くゴールしていますが、本日またしても落車してしまい、掌と尻がズル剥けになって怪我人になってしまいました。


まずは簡単に昨日の第5ステージを振り返ります。
昨日は全長166kmのアップダウンステージ。

スタートアタックで大喜が20人近い人数で逃げましたが、集団も逃すまいと追いかけっこが続き、結局振り出しに戻ります。
前半荒れた展開だったお陰で、中盤からは全く無名の3名を逃してサイクリングになりましたが、逃げを舐め過ぎたのか、やる気が無かったのか、まさかの4分もの差を付けて逃げきられてしまいました。

勝ったのはベラルーシの選手。

このステージは結果的に、ステージ優勝が狙える唯一のステージだったといえる。
こんな奇跡は滅多に起こるものでは無いし、そのチャンスをものにした選手は本当におめでとうと言う感じ。
自分も逃げが決まったタイミングで集団の最前列にいたので、いつでも動けたはずだったけれど、メンバー的に乗ろうとは思えなかった。
チャレンジしなかった自分が情けない。
なんとも言えない悔しさのステージになりました。


そして迎えた本日第6ステージはひたすら南東へ向かう139km。
今日はここ最近では1番の風が吹いており、しかも追い風基調の横風と言う予報。
風で分断するような厳しいレースが予想された。

そしてレーススタート。
スタート直後はあまり風の影響がなく、あっさりイタリアとアイルランドの2人逃げが容認される。
抑えが入り、一気にタイム差が開く。
もしかしてこのまま安全なステージになるんじゃ無いか?という淡い期待は中盤を過ぎた頃に打ち砕かれ、風が出て来た瞬間、デンマークを筆頭に北欧系の横風攻撃が始まった。

集団の中程に位置していた僕だが、道幅も狭く、弱い選手が中切れし始めて一気に伸びる!
僕は運良く脚のある選手の後ろにつき、風上から一気に前に上がる。

そしてようやく安全地帯と言える位置まで上がった瞬間、痛恨のパンク。

これ以上ないくらい最悪のタイミング。
いくつかの分断した集団にもパスされ、チームカー順位も24チーム中22位とかなり後ろなので、中々来ない。
かなり遅れた頃、ホイールを交換して再スタート。
道が広くて真っ直ぐならペーサーで簡単に追いつけるが、車一台ギリギリのうんこ道で、集団のペースも上がっているので相当キツい。
どうにかチームカーの隊列まで復帰したが、道幅が狭いという事は、そもそもチームカーを抜かすことができない。

そんな時、突如車列が詰まって急ブレーキ!
全く逃げ場のない橋の上だった為、左右に避ける選択肢はなく、ブレーキも間に合わず、ジャックナイフしながらチームカーに激突😭

一難去ってまた一難。

正直身体中痛いし心が折れそうでしたが、明日は休息日だし、完走だけ目指そうと思い、再乗車。
掌が血だらけで、ハンドルを持つのが痛いしシューズもワイヤーが切れてぶかぶかだし…
しかし今回も右鎖骨にダメージが無かったのは幸いだった。
そしてどうにか集団が見えて来た!
と思ったところで、また集団内で落車があったようで、チームカーが大渋滞。
抜けずにまた振り出しです😭

長い追走の末、やっと集団が緩んだようで、命辛々集団復帰。
とその瞬間、また横風攻撃がスタート。
すでに脚がなかったので、何度も千切れようと考えましたが、その度に攻撃が終わり(苦笑)

結局生き残り集団で無難にゴール。
今日は心身共にボロボロになりましたが、どうにかアルプスのステージまで繋げることができました。


これからはレースのタイプが180度変わって、活躍する選手も入れ替わります。
雨澤さんもタイム差無くここまで来られたので、少しでもチームに貢献出来ればと思います。

|

« ラヴニール第4ステージ | トップページ | ラヴニール第7ステージ »

コメント

もう、これ以上ケガがありませんように!!

投稿: mew | 2017/08/24 13:41

度重なった試練にもめげず、集団内完走、素晴らしいです。
その精神力に敬服します。
落車で大怪我されたようですが、無意識にも鎖骨をかばっておられたのではないでしょうか。
乗り続けられる状況、何よりです。
わずかな休息日でしょうが、少しでも休んで、山岳ステージに挑んでください。

投稿: Tsukasa Ikeda | 2017/08/24 08:47

苛酷だ、苛酷過ぎる (-᷅_-᷄:) そして、やっぱりレースは難しい。
派手に落車したみたいですが←2回も😱おおごとに到らず良かったです💦
明日は少しでも身体を休めて、アルプスに挑戦して下さいまし。
下りで100km/h出さなくて良いですから‼️

投稿: あばぁば | 2017/08/24 08:28

ひぇ~~~!!!「生き馬の目を抜く」というか、自転車の神様に「お前はこの試練を耐え抜くことができるか?」と試されているかのような、一瞬も油断できないレース!読むだけで緊張してしまいますわ!日本のサムライたちよ!夜明けはもうすぐだ!きっとアルプスの天使が導いてくれるぞ(ん?)

投稿: 野兎マリアンヌ | 2017/08/24 06:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/65702195

この記事へのトラックバック一覧です: ラヴニール第5ステージ、第6ステージ:

« ラヴニール第4ステージ | トップページ | ラヴニール第7ステージ »