« 寒かったジャパンカップクリテリウム | トップページ | 最後のお別れを »

2017/10/22

走る意味をくれたジャパンカップロードレース

レースを終え、家に帰っております私です。

今日は予報通りの悪天候の中、熱い応援ありがとうございました。

長引いた風邪の影響で、レース直前の練習も全く走れず、メンバー変更して欲しかったのが本音の所だった今回。


しかし監督から、「最後まで走らなくても仕事をしてくれれば良い」と。

何もせず完走するよりも、強いエースのために1つでも役に立つことがあるなら、走った意味もあると言うもの。


いざレースがスタートすると、案の定登りのペースで息切れし、いつでも千切れそうな状態でした。
しかも下りの中切れで雨澤さんが後方に取り残され、玲もパンクで遅れ、増田さんもメカトラで下がる中、3人の逃げと9人の追撃が行ってしまう。

乗れていないのはうちとナショナルチーム、グスト、ノボノルディスク等で、集団もコントロールするチームが無くなってしまい、どこも牽かなければこのまま終わってしまう状況に。

増田さんと僕で牽引を開始した。

先頭3人とはあまりタイム差を縮められなかったが、追走の9人までは射程圏内に留め、4周目の古賀志麓まで引いたところで譲さん&雨澤さんに託してリタイア。

ここまで早い段階でいなくなるのは本当に情け無い限りでしたが、その後2人が追走9人に合流したのを確認し、一安心。

そして最後は雨澤さんが5人に絞られた先頭に残り、日本人として唯一最後まで優勝争いを繰り広げ3位。

表彰台、U23賞、アジアライダー賞を獲得し、チームとして過去最高のリザルトを残してくれました。

僕個人の今日の走りは底辺の極みですが、1%でも貢献できたなら、「走って良かった」と思えます。

雨澤さんには本当に感謝。


そして沢山の応援、本当にありがとうございました!

来年は僕も活躍できる様に、絶対リベンジします!

ps.アフターパーティーに参加される皆様、よろしくお願いします😉

|

« 寒かったジャパンカップクリテリウム | トップページ | 最後のお別れを »

コメント

見応えのあるレースでしたよ。増田さんと2人で先頭を牽く走りは力強くてカッコよかった❣️
病みあがりのキツイなか、ミッションはきっちりクリア出来たのでは?
アフターパーティーではたくさんお話できて楽しう御座いました👵
色紙を持って並んでいるお嬢さん達に気付かず、長々と独り占めしてごめんなさいね😅
2日間お疲れ様でした。早いとこ本調子に戻りますように☺️

投稿: あばぁば | 2017/10/22 22:22

雨澤さんの表彰台は岡さんの働きなくしてはかなわなかったことですね!コンディションが良くないなかお疲れ様でした!ゆっくり休んでね!グラッチェ!

投稿: 太陽系調査員のうさぎマリオ | 2017/10/22 17:52

岡くん、雨の中のレースお疲れ様でした(*^o^*)
そんな裏話があったなんて〜〜💦💦
でも雨ちゃんがみんなの期待に応えてくれました❗️
来年は岡くんのカッコイイ走り楽しみにしていますね*\(^o^)/*

投稿: 鈴木順子 | 2017/10/22 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/65949765

この記事へのトラックバック一覧です: 走る意味をくれたジャパンカップロードレース:

« 寒かったジャパンカップクリテリウム | トップページ | 最後のお別れを »