« 初テレビ | トップページ | ツールドとちぎ第2ステージ »

2018/03/23

ツールドとちぎ第1ステージ

こんばんは。

いよいよスタートしましたツールドとちぎ。
今日は渡良瀬遊水地にて7.25kmの個人タイムトライアルが行われまして、チームとしては増田さんが2位、僕が4位と上々の滑り出しと言ったところでしょうか。

総合優勝を決める上で、かなり重要になってくるこのステージ、タイム差次第では総合争いから脱落してしまうので、ミスの出来ないステージ。

全体の前半にスタートした僕は、暫定2位の選手と10秒差近いリードを持って、長らくホットシートを温めつつ、これはもしや?

という淡い期待を持ち始めた頃、チームメイトに破られる(笑)

更に韓国のパク選手にも0.8秒差で敗れ、そして今日の勝者であるオーストラリアのマイケル・ポッター選手が8分55秒という別次元のタイムでゴール。

結果4位と、UCIポイント&表彰台を惜しくも逃す形に。

優勝者のタイムは圧倒的なので、これからのステージも苦戦が予想されますが、どうにか崩していけるよう策を講じていきたい。

E9464b2075df46b1acf3ea2a6fc9536b
《photo by 岡元さん》

058771b18cb24a5690ec5902d02d34bb
《エアロフォームの鬼》

このレースのために、機材を工夫を凝らし、ポジションもこの日のために合わせてセッティングしました。

56c2e2f84375403c856fdaeb3ece191c
《拘りのハンドル周りはイーストン》

変更点といえば、17度の首下りステムでハンドルを低くした点。
更に上ハンが平べったくなったエアロハンドルに変更し、空力を上げるだけでなく、ハンドルに肘を置いたフォームでも肘が痛くならないというメリットも。

バーテープも二重にする徹底ぶり(笑)

ノーマルバイクのTTはなかなか無いのですが、このレースに対する準備が結果に繋がったと思う。


さて、明日からいよいよロードレースがスタート。
引き続き応援よろしくお願いします!

|

« 初テレビ | トップページ | ツールドとちぎ第2ステージ »

コメント

10秒を破るタイムを出した時は、間違いなくあっくんが『別格』だった。その後も結構長い間❗️
拘りの機材を見れば、これに賭ける意気込みもパないものを感じますね😆
卵のように丸くなって、弾丸のようにゴールラインを駆け抜けてったの、カッコ良かったあ❣️
あと2日、怪我なく事故なく活躍して下さい☺️

投稿: あばぁば | 2018/03/23 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/66530096

この記事へのトラックバック一覧です: ツールドとちぎ第1ステージ:

« 初テレビ | トップページ | ツールドとちぎ第2ステージ »