« ツールド熊野第2ステージ | トップページ | 取材とかクアリータ »

2018/06/03

ツールド熊野閉幕

ツールド熊野が終わりました。

TOJから不調を引きずりながらも、出来る限りの走りをと思いましたが、もう少しやれることはあったのではと感じる熊野になりました。良くも悪くも…


今日は最終日。
総合リーダーになったシマノ入部選手に対し、多くの強豪チームが現状に満足していないであろう状況(タイム差)だったので、総合争いの激しいレースになると予想。

チームとしても譲さんが4位までタイム差のほぼない6位につけ、入部選手からは44秒。

まだ逆転のチャンスはあるが、ステージ優勝を狙いつつ、チャンスがあれば譲さんも逃げに乗っていくようなプラン。

レースがスタートすると、シマノを崩したいキナン勢やホセ選手らが激しく動いてくる。

僕らもそれに便乗し、ガンガン攻めていく。

リーダー以外の総合系選手が一通り乗った15人くらいの逃げが出来たので、全開で牽く。

しかしこれは決まらず、アベタカさんとマルコス選手の二人逃げが決まる。

しかしこれも長続きはせず吸収。

早くもシマノは崩壊しているので、KOMの登りでアタック!

1人になってしまったが、その後マルコス選手、龍さん、ホセ選手、ロビーハッカー選手、ダミアン選手、窪木選手など強力なメンバーが合流し、30秒差程度で逃げる。

1周程逃げた後、後ろから譲さんや入部選手を含む数人がジャンプしてきたことで、ローテーションもいまいち回らなくなり、ホセ選手以外が吸収。

かなり脚を使ったので、一旦休もうと下がる。

しかしこのタイミングで集団が分断してしまい、少し距離が開く。

前は20人程で譲さんと雨澤さんがいる。

そして僕の後ろにはリーダージャージ。

ここで他力本願になり、入部選手を苦しめようなどと思ってしまった僕の悪巧みが、結局自分を終わらせる結果に。

一呼吸置いて単独ブリッジを試みアタック。

1周近く個人TTし、登りの頂上で目の前まで来たが…

あと一歩届かず脚もフィニート(T0T)

そして気持ちもフィニート。

グルペットに戻り完走目的で走っていたが、最終周に入って安心していたところ残り半周でまさかの足切り😨

100km以上のレースでタイムアウト5分なんて厳しくね?
とか少し愚痴も溢したくなったが、こんなところを走っている自分が悪い。


今日の反省としては、自分の脚の具合を考えず序盤からアタックし過ぎた所、勝負がかかるポイントは分かっていたのだから、取り残されたのは脚の無さが招いた失敗だろう。

チームとしては、序盤ボーナスポイントを稼いだ譲さんが総合を2つ上げて4位、雨澤さんが9位とUCIポイントを獲得。

個人としては今回も良いところなく、本来コンディションを合わせるべきこの時期に走れていない自分が情けない限り。

今は身体も疲れきっているので、全日本に向けて仕切り直したいと思う。

期間中、沢山の応援ありがとうございました❗

1527917554469

宇都宮まで遠いですorz

|

« ツールド熊野第2ステージ | トップページ | 取材とかクアリータ »

コメント

なんかおいしいもの食べた? おみやげとか、買ってきたなら写真つきで教えてね(←食い物にしか興味ないんかい(-_-#))

投稿: の ら う さ ぎ | 2018/06/03 22:28

何んか、色々な経験が有った今回のTDKでしたね🌊
ネット中継を観ていても目まぐるしい展開でした。
悔しい気持ちも残念だった事も 経験と心の栄養にして、しばし身体とハートを休めてクダサイませ🐌

長い道中、スタッフの皆様もお疲れ様~運転ガンバッテ💪

投稿: トマト | 2018/06/03 20:14

お疲れ様でした☺️
第1ステージのキャンセルがブリッツェンには痛かったんじゃないかな〜って思ってしまう😔
36人しか完走してないですもんね〜。この反省を糧に次の目標に向かって精進して下さい❣️

投稿: あばぁば | 2018/06/03 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/66790709

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド熊野閉幕:

« ツールド熊野第2ステージ | トップページ | 取材とかクアリータ »