« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018/10/28

あと2週間

こんばんは。

ジャパンカップも終わり、今シーズンが終了した選手もチラホラいるなか、おきなわに出るメンバーはもう一踏ん張り。

大分、ジャパンカップを後半戦のピークにするべく仕上げていた僕は、終わった瞬間に疲労がMax!だったので、暫し休養を挟みつつ、今日からトレーニング再開。


Dsc_11542201x12382
《本日のメンバー》

1週間ぶりに踏みましたが、筋肉がフレッシュで気持ち良かった。

これからまた疲労感との戦いです💧

シーズン最後を笑って締め括るためにも、頑張ります💪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/10/21

ジャパンカップロードレース!

ジャパンカップが終わりました。

本当に沢山の熱い声援、ありがとうございました。

こんなに頑張れたレースは中々無かったと思うほど、少し清々しい気持ちです。


レースをご覧になった方はご存知かと思いますが、今日のレースはブリッツェンとしては逃げに送り込まず、最初から集団をコントロールするという大それた作戦を取りました。


監督から最初にこのプランを聞いたときは、「無理に決まってる」と思ったのはここだけの話だが、今年から出走人数が倍に増え、ワールドツアーとプロコンチームだけで50人は前を固められてしまうであろう展開を考えると、僕ら1コンチネンタルチームが前に陣取るためには「先頭を牽く」という大義名分が必要でした。


しかし不安要素も沢山あり、そもそもワールドツアーチームが仕事をするから僕らは退かされるんじゃないか、牽いたとしても長続きせずに無駄足になるんじゃないか、等々。

ミーティングも長引きましたが、先ずはトライする事で一致しました。


チームは増田さん、雨澤さん、龍さんを温存し、僕、譲さん、玲の3人で回すプラン。


そしてレーススタート!


最初の古賀志からかなりハイペースで、かなり良い面子がアタックしていく。

コントロールするなら、逃げの選別が大事で、追いきれないメンバー、人数を行かせてはいけない。


キナンのマルコス選手、右京のプジョル選手が飛び出したので、早速チームで前を固めてコントロールする意思を示す。

ロットNLのボーマン選手がブリッジをかけて3人逃げが決まり、ここからはひたすら3人で回す。


一先ずチームでコントロールする形が出来た。


Received_341070503120912

後ろにはトレックセガフレードが続き、その後もワールドツアーが固める前を走り続ける。

どこまで持つか、不安もありながら周回を重ねる。

タイム差は1分半前後を推移し、他のチームが手伝ってくれる雰囲気もなく、3対3の構図で進む。


残り5周、先頭でロットがアタックしペースを上げたようで、1分差から2分差に拡大。

いよいよこちらも限界が近く、この周で譲さん、玲が離脱覚悟で牽く。

自分もペースを上げながら、残り4周へ。

アシストは僕一人になって古賀志へ。

ここで遂にワールドツアーが動く!

降ってきたマルコス選手を吸収した瞬間、ロットがアタック!

他のワールドツアーも反応し、チームは増田さんが反応。

僕はどうにか粘りながら、第2グループでラスト3周へ。

先頭は16人、僕のグループには雨澤さんと龍さん。

僕に何か出来る脚もなく、追撃で雨澤さんが抜け出し前に合流。

残されたこの集団はグルペットになり、勝負からは脱落。

HCカテゴリーのジャパンカップは、後ろの方までUCIポイントが付くため、最後はアタックして抜け出しゴール。


Screenshot_201810211709112
チームとしては、雨澤さんの16位が最高位、増田さんが23位、僕が26位、龍さん27位と、ポイントは稼ぎましたが、思い描いた結果には届きませんでした。


しかし攻撃がかかった場面で、あの位置に位置取れていなかったら、もっと厳しい結果になっていたと感じるし、やったことは無駄じゃなかったと思います。


個人的には調子も良く、勝負したい気持ちもありましたが、この経験はまた来年に活きると思うので、またコツコツ頑張りたいところです。

今シーズンは残すところツール・ド・おきなわ。

まずは休んで、リフレッシュしたいと思います~


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018/10/20

ジャパンカップクリテリウム

こんばんは。

いよいよ開幕しましたジャパンカップ。

今日は前座のクリテリウム。

毎年上位に食い込んでいるオノデライダーを勝たせるべく、今年もチームとして本気で臨みましたが、上手く噛み合わずに龍さんが9位、玲が11位と、望んでいた結果は得られませんでした。


Received_2144191775855045
《年で1番熱い声援を受けるレース》

Received_329670024431490
《赤い仕様で》

出走人数がこれまでの倍近くに増えた事もあり、位置取りも熾烈化。

最後はチームがバラバラにはぐれてしまい、玲のサポートを何一つ出来ずに、玲のスプリントをさせてあげられなかった。


優勝はジョン・デゲンコルブ選手。

チーム力の差も感じたし、スプリント力も段違い。

流石としか言えません。

明日は本戦ロードレース。

厳しい戦いが予想されますが、このままでは終われないので、気持ちだけは負けないように全力で戦います。


明日も応援よろしくお願いいたします❗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/17

今週末はジャパンカップ

大分遠征から戻り、今日はジャパンカップに向けた最後の追い込み。

やれることはやった。

後は回復させるのみ…


魚沼の後から調子も上向きになってきて、大分の疲労感もそこまで無かったので、昨日今日はしっかりトレーニング出来ました。

連戦が続いてくると、ハードなトレーニングが出来なくなってくる事もしばしばですが、今年のジャパンカップは良い状態で迎えられそうです。

Dsc_11162201x1238
《コースには応援メッセージ》

去年は風邪をひいてしまい、ひたすら苦しかった記憶しかないが、今年は最後まで気を抜かずに万全で走りたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/10/14

大分アーバンクラシック(UCI1.2)

おおいたアーバンクラシックが終わりました。

このレースは8月あたりから監督からも頑張って欲しいと念を押されていたレースで、シーズン後半の目標でもありました。
プランとしても自分か龍さんのスプリントで勝負しようと言う作戦。

有力な逃げが出来た場合は、その二人のどちらかが乗り、増田さんと雨澤さんも逃げきりのチャンスがあれば攻撃するプラン。


レースがスタートすると早速激しいアタック合戦。

アベタカさんに序盤の動きは捌いてもらい、自分も有力選手が動けば反応していく。

4人程度の飛び出しがあり、そこへ追走する形で龍さん含む数名がジョイン。

10人の逃げが決まり、殆どの有力チームが乗ったことですぐにタイム差は1分半まで広がる。

このまま決まってしまうかも…

と思ったが、逃げにのせていなかったブリスベン(AUS)やブリジストンがタイム差をキープしてくれたので、次の展開に備えて脚を貯める。


後半になると、逃げからドロップしたチームもあり、集団も活性化。

Received_2023632154525834

キナンのトマ選手や、増田さんの登りでの攻撃で一気に逃げを吸収。

ラスト2周、アタック合戦の中から日本ナショナルチームの松田選手がアタック。

雨澤さんがチェックに入るも、チームメイトの石上選手も付いてしまい、3人の逃げになる。

とは言え集団もまだ40人近くおり、前に乗せているコンチチームはブリッツェンだけなので、他チームの様子を見ながら温存。


しかし予想外、どこも組織だって牽くチームがなく、みるみる離れていく。

アタックと牽制を繰り返し、結局逃げきりが確定。

僕はせめて集団の頭を取るべく準備…

ここまで脚を使っていた龍さんが、最後はアシストに回ってくれて、先頭で僕を発射してくれた。
ラスト250mからと少し早掛けしてしまったが、脚が残っていたので、集団の頭は取ることが出来た。


Received_547400455762814
《こんな顔でもフィニッシュシーン》

結果はエカーズコンビが1-2フィニッシュ、ブリッツェンは3、4位と悔しい結果になった。

レースは常に難しいけれど、終始動き続けて勝った石上は強かった。

今日は悔しいレースになりましたが、個人的にコンディションは上がっている事を確認できたので、大一番のジャパンカップに向けて良い刺激になりました。

余談…
ゴール後はずっと我慢していたトイレに駆け込んだのだが、そういうときに限ってランダムのドーピング検査対象にヒット。

さっき出しちゃったよ…

そんなわけで全然おしっこが出なくて帰れない💧

ようやく終わった時にはチームメイト皆温泉から上がった頃(笑)


温泉をレース後の楽しみにしていたのに、ベタベタな体で帰路に着いております💧

Received_259134604742398
《まーぽんおめでとう》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/13

駅前にて大分クリテ

こんばんは。

今日は大分駅前にて、おおいたいこいの道クリテリウム。

UCIポイントは付かないが、本戦のロードレースよりも賞金が良いとあり、ガチンコ勝負が繰り広げられました。

Received_706324003067088


チームとしてはメンバー皆翌日のロードレースをメインに考えていることもあり、危険回避を第一にしつつ、アベタカさんが狙えそうなら勝負しようと言う感じ。

といいつつも、自分もチャンスがあれば狙おうかなと思いながらスタート。


コースが狭い区間が多いので、後ろにいるとキツい。

もがいて前に上がり、アタックなんかも試みたが、地元黒枝咲哉ちゃんのスプリントにかけるシマノがコントロールして封じ込まれる。


アベタカさんが最初の周回賞を獲得し、後半にかけて自分も先頭付近をウロチョロしましたが、ラスト2周を過ぎたところでポジションを落としてしまったので、20位以内の賞金圏内になだれ込む程度にスプリントして12位でゴール。


Received_802180606840188


チームでレースをコントロールしつつ、地元のプレッシャーもありながら優勝した咲哉は格好良かった!


やはり「あわよくば」なモチベーションで走ってもロクな結果にならないと再確認した今日。

落車も何件かあり、特にフィニッシュでの落車はヒヤリとしましたが、無事に全員ゴールしたので幸い。

脚の調子は悪くないと感じたので、切り替えて明日のロードレースは優勝目指して走ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/10/12

大分入り。

こんばんは。

大分アーバンクラシック(UCI1.2)のため、飛行機移動を経て大分にやってまいりました。

明日はエキシビションのクリテリウムレース。

181012211606335_deco
《昨年大会》

これまでJプロツアーとして開催されてきたこのレースも、今年から遂に国際レースに。

海外からも沢山のチームが来ているので、ハイレベルな戦いが予想されます。

頑張りまする💪💪💪💪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/10/10

広報活動

1538990036433
《PARCO前、宇都宮駅にてジャパンカップPR活動》


1539164861888
《このメンバーでYouTubeの撮影》

ハードなレース後に、少しハードなイベントが続いて精神的に疲れ気味ですが、とても勉強になった今週。


しっかり疲れを抜いて大分に備えます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/07

撃沈

長かったJプロツアーが終わりました。

今日の結果は中々に惨敗で、気持ちよく年間表彰とはいきませんでしたが、切り替えて残りの大事なUCIレースに向けて立て直したいと思います。

今日のプランとしては、登りに強い増田さんと雨澤さんをエースに、他のメンバーは逃げに乗るなど前待ちの展開にして、有利にレースを運ぶプラン。


注目は圧倒的な実績を誇るマンセボ選手。

現在の実力は未知数であるが、今年のスペイン選手権で7位に入るなど、本調子であれば怖い相手だ。

レースがスタートするといきなり登り、かなりハイペースで進むなか早速マンセボ選手がアタック。

増田さんが反応し、スタート早々優勝候補が逃げる展開。

僕は追走に乗り、休ませて貰いなが先頭に合流。

メイン集団も迫るなか、またまたマンセボ選手の強烈なアタック。

どうにか食らい付き、雨澤さん、元喜選手も反応。

その後追走でホセ選手、湊選手、米谷選手が合流し、7人逃げが決まる。


数的不利を感じた元喜選手は途中までローテに入ってくれなかったが、とにかくマンセボ選手の牽きが速いし長いしで、絶対的な自信と脚があることが伺えた。

10周/5周目辺りまでは自分も余裕が残っていたが、雨と気温の低下で足の感覚が無くなってきた。

体調が悪くなり始め、嘔吐すること数回、いよいよピンチ。

残り4周の登り、マンセボ選手のペースアップで雨澤さんの姿が消え、更にピンチ。

チームメイトのホセ選手までもが遅れたので、マンセボ選手が待ったお陰で命拾い。

しかし勝てる算段は無くなってきた。

ラスト2周の登りで脚が完全に終わり、ドロップ。

湊選手と元喜選手は目の前に見えたが、集団に戻って牽いた方が得策と判断し、雨澤さんと共に戻って全開で牽く。

登りの麓をゴールだと思って牽き、ラスト1周は玲と走ってゴールを目指した。


結果的に追走するタイミングが遅すぎたこともあり、集団から飛び出し追った増田選手の5位が最高位と、マトリックスの1,2フィニッシュで幕を閉じた。


全力を尽くすことはできたが、とにかく力不足が情けない限り。


このままではこの後のレースも勝てないので、成長していかないと行けませんね…


もう一踏ん張り頑張ります

沢山の応援ありがとうございました❗

Received_416711105524220


Received_523454501450093


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/06

JPT最終決戦

こんばんは。

いよいよJプロツアーも最終戦、経済産業大臣旗のため、新潟県は南魚沼に来ております。


去年はコースが使えなくなったことで開催地が群馬CSCに変更され、走らなかったこのレースですが、今年は台風を何とか凌ぎ開催出来そうですね。

2年前のE1時代に走った記憶でも、中々ハードなコースだった印象…


まずはJプロツアーを笑って締め括るべく、怪我なく全力を出し切れますように。

去年は最終戦で落車しましたからね😂

気を付けます…

9498a5b8cd10cb4634e48cd4a1c581d9
優勝記念Tシャツ


最後まで応援よろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/02

Red it go~♪

こんばんは。

台風も過ぎ去り、10月。

季節も変わるかと思いきや夏に逆戻りな今日この頃。

Jプロツアーも今週末の南魚沼で終了となりますが、ブリッツェンにとって一番大事な月といっても過言ではない10月なので、トレーニングの日々であります。

Dsc_10752201x12382
《古峰ヶ原》
最近は増田塾に玲と通うのが日課。

昨日今日は正直あまりコンディションが良くなかったけれど、チームメイトのお陰で頑張れました。


Fb_img_1538477970477
《夜はRadio berryに出演》

沢山のご視聴ありがとうございました~


Dsc_10762201x12382
《味一番》
夕食は前橋クリテ2位&3位の方と。

やはり宇都宮の餃子は旨い~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »