« JPT最終決戦 | トップページ | 広報活動 »

2018/10/07

撃沈

長かったJプロツアーが終わりました。

今日の結果は中々に惨敗で、気持ちよく年間表彰とはいきませんでしたが、切り替えて残りの大事なUCIレースに向けて立て直したいと思います。

今日のプランとしては、登りに強い増田さんと雨澤さんをエースに、他のメンバーは逃げに乗るなど前待ちの展開にして、有利にレースを運ぶプラン。


注目は圧倒的な実績を誇るマンセボ選手。

現在の実力は未知数であるが、今年のスペイン選手権で7位に入るなど、本調子であれば怖い相手だ。

レースがスタートするといきなり登り、かなりハイペースで進むなか早速マンセボ選手がアタック。

増田さんが反応し、スタート早々優勝候補が逃げる展開。

僕は追走に乗り、休ませて貰いなが先頭に合流。

メイン集団も迫るなか、またまたマンセボ選手の強烈なアタック。

どうにか食らい付き、雨澤さん、元喜選手も反応。

その後追走でホセ選手、湊選手、米谷選手が合流し、7人逃げが決まる。


数的不利を感じた元喜選手は途中までローテに入ってくれなかったが、とにかくマンセボ選手の牽きが速いし長いしで、絶対的な自信と脚があることが伺えた。

10周/5周目辺りまでは自分も余裕が残っていたが、雨と気温の低下で足の感覚が無くなってきた。

体調が悪くなり始め、嘔吐すること数回、いよいよピンチ。

残り4周の登り、マンセボ選手のペースアップで雨澤さんの姿が消え、更にピンチ。

チームメイトのホセ選手までもが遅れたので、マンセボ選手が待ったお陰で命拾い。

しかし勝てる算段は無くなってきた。

ラスト2周の登りで脚が完全に終わり、ドロップ。

湊選手と元喜選手は目の前に見えたが、集団に戻って牽いた方が得策と判断し、雨澤さんと共に戻って全開で牽く。

登りの麓をゴールだと思って牽き、ラスト1周は玲と走ってゴールを目指した。


結果的に追走するタイミングが遅すぎたこともあり、集団から飛び出し追った増田選手の5位が最高位と、マトリックスの1,2フィニッシュで幕を閉じた。


全力を尽くすことはできたが、とにかく力不足が情けない限り。


このままではこの後のレースも勝てないので、成長していかないと行けませんね…


もう一踏ん張り頑張ります

沢山の応援ありがとうございました❗

Received_416711105524220


Received_523454501450093


|

« JPT最終決戦 | トップページ | 広報活動 »

コメント

ホセ選手が着いて行けなくてマンセボ選手が待つ😳⁉️
何度か吐きながらのあの走り⁉️😰過酷なレース、お疲れ様でした。
風邪など引かないで下さいね〜☺️
最高のスタートを切った今シーズン、最高のシメを期待しています❣️

投稿: あばぁば | 2018/10/08 00:18

今年のスペイン選手権で7位…まだまだ現役バリバリってことですね。来年、フルエントリーしてきたら、脅威となること間違いなしですね。黒船襲来かっ?!

投稿: 野兎星人 | 2018/10/07 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/67249979

この記事へのトラックバック一覧です: 撃沈:

« JPT最終決戦 | トップページ | 広報活動 »