2018/10/08

JPT最終戦 南魚沼

サリュ。

今年もJPTの最終戦である南魚沼ロードレースを終え、終了してしまいました。
最終戦は勝って気持ちよくおわりたいところでしたが残念ながら増田さんの5位が最高で終わりました。
43388446_159373181666399_5819758502
スタートしてすぐアタックして様子を見てみましたが明らかにマンセボ選手が強いのがわかる。
最初にできたマンセボ選手とブリッツェン3人を含む逃げに2周目の登りで入部さんと追いつき、合流したあとにローテーションを回してるだけでマンセボ選手の強さが溢れ出てた。 
 
そのあとの登りで集団が追いつきシャッフル。
ブリッツェンからはざわちんと篤士の二人が逃げる。
ここに追いつきたい選手が集団からアタックしていくのでついていく。
シマノレーシング湊選手などと集団から抜け出すが、なぜかコーナーで曲がり切れない。結局コーナーで離され集団と逃げグループの間で宙ぶらりんの状態に。
なんかおかしいな。
と思っていながら登りを流しながら走っていたらパンクに気づく。
集団からも離れホイール交換。
落ち着いたペースで走る集団に追いつき状況を確認しているとシマノレーシングが集団をコントロール。
まだ集団が逃げに追いつく可能性を残しながら周回数をこなす。
しかしマンセボ選手のとてつもない強さを感じていたので早く集団を牽きたかったがうちのチームとしては切れるカードとしては強い二人のざわちんと篤士が前にいる以上は難しかった。
結果的にはマンセボ選手に振り落とされてしまい、チームとしてはもう増田さんを勝たせるためにシフトチェンジ。
43271738_2238733283006343_319040292
こっからは全開でレイと二人でローテーションに加わり、前と差を縮めようとするがなかなか埋まらない。
大きなショックを受ける..........
43354227_341500766619863_3899147430
結局先頭には追いつけず、増田さんは勝負することができずに終わる。
エースが勝負をできるようにするのは最低限の仕事だったのにこなせず。
不甲斐なし。
前に行ったざわちんと篤士はスタートから積極的に走り、果敢に挑みにいったので彼らにこそ敢闘賞はふさわしかったであろう。
しかし、優勝した相手が悪すぎた。
自分が追いつき、ブリッツェンが3人という状況を作り出せればまだ面白かったでしょう。勝てるかは難しかったですが...............
来週からはUCIレースが続きます。
こっからはなんとしても結果が求められるので結果にこだわり良いシーズンで追われるようにしたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/09/13

I'll be right back.

サリュ。

タイトルはすぐに英語を使いたがる西薗良太氏を真似してみました。 
 
最近サボっておりましたが今週末の山口でのレースから復帰します。
山口メンバー復帰じゃないよ。 
 
最近は練習もろくにしていなかったので昨日はショック療法のため岡を練習に誘ったらなんか多数がついてきてスピードが早くなってしまいショックがあまりにデカかった。
久しぶりに岡(兄)と走ったらまぁいつもどおりだったな。
なんでお前がいるんだってなったけども。
10273325_292983354210996_3326745445
昔は岡の兄といっしょのチームでレースなんかしたこともあったり。 
 
 
そんなんで今日は鍼灸院トレスでマッサージしていただきました。
ありがとうございました。
ちょっとでもマシな状態で山口へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/08/20

レベルアップ講座 応用編

さて今日はシマノ鈴鹿ロードレースを走ってきました。
2日とも優勝できたので良かったですね。
遠征が報われました。 
39506720_2128997560484463_557354208
39504299_525328937927266_4118759777
photo by :HATTRICK COMPANY Nobumichi Komori
 
 
前回までは基礎の基礎。
こっからは具体的に。
 
LEVEL 6  練習 継続は力なり

Andrewgook196871unsplash_2
練習というものは継続してしないと効果は現れません。
継続は力なりとは自転車選手になった今こそ大いに実感しております。
ダイエットも同じですね。
しかも残念なことに自転車の筋肉などは日常の運動などでキープするのは難しく、自転車から離れると衰えやすいと思います。 
しかし、筋肉は記憶をする機能が備わっており、一度肥大化や強化された筋肉は衰えたとしてもあとからそのレベルまで回復するのは容易であるとされています。
だから目標を達成するまで継続してレベルアップしたら、多少休んだり衰えたとしてもレベル1からやりなおし、すぐ元のレベルまで戻ることができるので安心してください。  
 
継続に必要なことはやっぱり仲間が必要ですね。 
Rawpixel653764unsplash
仲間は仲間でもやっぱり自転車をレベルアップする仲間。
できれば目標に向かって一緒に励む事ができるヤツ。 
そんな出会いは難しいですけどね........
もういるよ!!っていう人はラッキー。
互いに情報交換しながら試行錯誤して、一緒に練習。
自転車が習慣化された人ならさらに切磋琢磨し合うことで継続できます。
そしてアイテム。これは意外に重要。
例えば練習道具。
ローラーやらなにやら。
心拍計、そしてパワーメーターと呼ばれる自分がどれくらいのパワーを出しているのかわかる機械とか。
自分の自転車に対する予算で決めましょう。
継続して自転車で楽しく遊ぶことができるように。 
 
つらい練習でも楽しくこなせるのにおすすめなのがZwift !!
ローラーにセットした自転車で、テレビやらタブレットで仮想空間のなかで練習します。家にいながら色々なコースをゲーム感覚で練習できちゃうわけです。
レースなども色々あり、プロの選手でもいい練習になります。
イベントもあったりして様々な練習を世界中の人と一緒にできちゃいます!!
つらいローラー練習も楽しくなっちゃいます。 
 
 
LEVEL 7 練習 応用編

Liz99254944unsplash_2


いままでの相手や壁はスライムくらいの敵だったと思ってください。
次はちょっと強敵に出くわしたとき。
自分なりに練習できているこの状態。
ちょっとは経験値もたまり、防具や剣、杖も揃ってきた状況。 
 
あれ?、レベルアップしない.......
継続して練習してるんだけど、いつも練習してる坂のタイムが縮まらない.......
いままでは練習したらレベルアップしてタイムが縮まるはずなのに.......  
それもそのはず、継続して練習したとしても壁にぶち当たったのですから。
これが中ボスか???  
 
ではこんなときはどうすればいいか。
ボトルネックを考えましょう。
Sharonmccutcheon535836unsplash_2
あなたのそのパフォーマンスを上げるにはどうしたらいいのか。
問題となっている部分を見つけるのです。
どうしてそのパフォーマンスでとどまっているのか。
大きな水流が流れるにはボトルネックがあると液体の出る量が限られます。
その問題となっている部分を見つけて対処しましょう。  
ボトルネックをなくすことができれば、同じ身体的なポテンシャルを最大限に引き出すことができます。
 
具体的には 
その練習量は目標にしているヒルクライムのために足りていますか? 
 今までは軽いギアでばっか坂をのぼっていたけど、実は重いギアを踏む練習が必要なのでは? 
 こんな練習(例えば坂を全力でのぼる)ばっかしていたけど、もっとペースを落として長い時間坂を登る、何本も反復するなどをしたほうがいいのでは?
 練習の強度が足りてないのでは?    
もっといい自転車のポジションがあるのでは?(特に長い練習に必要な筋肉を備えていないうちはポジションは刻々と変わっていくように思ます。)  
色々な問題が限られます。
自分で大きそうな問題をさがし、ボトルネックとなっている部分を広げ、大きな水流を流してやりましょう。
 
特に練習をしっかり考え自分でメニューなども考えている方は、今一度鍛えたいところを明確に考えて違うアプローチを考えたほうがいいです。 
 
ドラクエでも
その相手はメラ(炎の呪文)で倒せるのか? 
本当にメラ系の呪文でダメージを与えることができるのか?
じつはヒャド系(氷)の呪文が弱点なのでは?
メラじゃ攻撃力が足りないからメラゾーマ(メラの強いやつ)なら倒せるんじゃ?
ここで一回ホイミ(回復系呪文)いれといたほうが良いんじゃ? 
立ち止まったとき、行き詰まったときにボトルネックを探しましょう。
まだまだレベルアップは可能です。 
 
たくさん練習するときに効率を重視することも重要です。
それは自転車は前に進むスポーツだからです。
楽に前に進むために、速く前に進むために自転車のフレームやパーツを作っている多くの会社は研究と努力をし続けています。
だから効率よく前に進むために僕らも効率よくするべきなのです。
 こう踏めば楽に効率よく進む。頭を下げたら30kmで走ってるときも少し楽だ。
そんな気づいた小さなことでも実は凄い大事です。
1%でも楽に進むコツをあなたは知ったとしましょう。 
年間1万km乗る人がまったく同じ時間を次の年に乗ったとしましょう。
去年よりその人は100km先に進み、確実に前に進んでいるのです。
そして自転車は前に進んでいる限りバランスを取り続けることができます。
自転車のレベルアップという意味でもその人は他の人より安定したスピードで、倒れずにバランスを取って進んでいくでしょう。 
 
 
 
つづく かは知らない。。。。。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/08/13

レベルアップ〜 (第三回)

サリュ。

今日は久しぶりに暑さの中練習したかも。
ダメージが激しい.......... 
 
 
はい。三回目になります。レベルアップ企画。 
前回までである程度目標も定まり、今回は目標に対してアプローチするもの。
そんな目標をヒルクライムレースに出場、その中で目標達成する!
というふうにしちゃいます。
よくホビーレーサーやらファンなどから質問の多い、登りの質問に答える形ですね。
しかし、ヒルクライムレースだけでなく、ロードレースやブルベの中でも山やら登りやらは出てくるものなのでこしでも参考にしていただけるといいです。
特に来週には矢板八方ヶ原ヒルクライムがあるのでね。
今から八方ヶ原には間に合わないかもしれませんが.......
<栃木県の人はご存知 RIDE ON 八方ヶ原ヒルクライム特集です。我らが飯野先輩が出演> 
 
  • LEVEL  4   準備する
Rawpixel620230unsplash
準備はやっぱり何が必要かで始まる。
目標に対して何が必要か。
例えば、次の目標のヒルクライムレースはどれくらいの距離なのか。
自分が今登ったらどれくらいのタイムなのか。
それをわかるためには調べるしかないのです。
ツールとしてはSTRAVA には多くのデータが詰まっています。
実際に走った人のデータが詰まっており、実際に自分もレースの前にはこれで下調べをします。
データ中にはパワーデータといわれる実際にその人がどれくらいのパワーで登ったのかもわかります。 
 
そして必要なもの。例えば機材も重要になってきます。
ホイールとかサイコンなど。
実際に揃えておくものは何をどれくらい高い目標とするかで違ってきますので飛ばします。 
 
じゃあやっぱりいちばん必要なのは.........練習ですね。
ヒルクライムなんだから登りの練習が必要になってくるのは絶対ですね。 
何が必要かわかったら。
いざ実行。 
 
LEVEL 5 練習 
Davidhellmann600231unsplash  
はい。来ました。練習。 俺も嫌いなやつ。 
いくら練習しても変わらないものがあります。
それは苦しみです。
こればっかりは変えられないのです。
いくら強くなろうが、速くなろうが変わらない。
むしろ増していくことさえあります。 
自転車を本気で練習したことある人にはわかると思いますが、苦しいところで耐えられる時間が長くなるので、苦しいところで踏ん張って苦しみが増すのです。
なんてこったい。  
 
しかしそんな苦しみも一瞬の間だけです。
終わりはきます。
そして設定した目標を達成したときにはすべて報われますし、達成できなかったときの悔しさのほうが時間は長くなるのです。
 
そんな実際の練習、実は苦しさから逃れるためにします。
矛盾しているようで矛盾してません。
例えばヒルクライムでこれくらいのタイムでゴールしたいと設定するとしましょう。
そのタイムは今の自分では到達できないとします。
それは30分だとしましょう。
その時間というのは30分最大限に苦しんだとしても無理なんです。
マックスです。
死ぬほど辛いくらい追い込んでも30分には到達できない。
しかし、30分のタイムを切れるように練習で苦しんだとします。
その後は死ぬほど追い込まなくても30分を切ることができるようになったら必死で練習したおかげで死ぬほど追い込まなくても済むんです。
しかも28分でゴールしたらけっこう追い込む時間が2分短くなるのです。 
自分もレースでできるだけ苦しまないように練習してます。
ていうか僕の場合はレースで苦しまなかったら練習しません。
 
ビギナーの人に時々質問されます。
「登りがきついんですけど、どうやったら速く、楽になりますか」  
こっちだって登りはキツイんだよ!!(゚∀゚)
登るしかないんだよ!!速くなりたかったら!!楽になりたかったら! 
しかもアドバイスするにしても何が今の問題なのか、なにがボトルネックなのかわかりません。そしたら答えられることは.................「山へ行け!」 
 
ドラクエでレベルアップしたかったら何するか。
敵を倒して経験値を手に入れなければなりません。
そしたら何が一番基本か。
敵(苦しみ)を多く倒すことなんですよ。 
しかもビギナーの人はレベルがまだ低いのでそこらの敵(苦しみ)は強敵じゃあありません。
すこし頑張れば誰でも倒せます。
そしてそんなに大量じゃない経験値でもレベルアップできます。      
 
しかし、ビギナーな方にアドバイスするとしたら3つ。
  1. ダンシングできるようになれ。
  2. まっすぐ走れ
  3. しっかり息を吐け
1 ダンシングをしっかりできるようになると良い防御を手に入れたことに。
  シッティングで座りながらだけじゃなくてダンシングで違う筋肉を使いながら休めたり速く走ることになって攻撃の仕方にもバリエーションが。 
 
2 まっすぐ走るようになるとやっぱりそれだけで速い。特にビギナーの方は登りでまっすぐ走れてないように思います。様々なイベントで見ていて、ちゃんとまっすぐ登りを走るのはアメザワのママしか見たことない。基本なことでも白線の上だけを走るとか練習をしっかりしないと走れません。 
 
3 息を吸うのはみんなします。
 でもしっかり吐ききっていますか?
 実はしっかり吐くことで息の整い方が全然違います。   
これだけでもしっかりレベルアップになります。
 
 
応用編へとつづく
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/08/10

レベルアップ〜(第二回)

サリュ。

昨日の練習中に道の真ん中で座ってたネコが自分が避けた方向に逃げてきてなんとかかわしたけど久々にヤバイ冷や汗がでました。  
 
 
さて前回のつづきです。
LEVEL 2まで進みましたが、次は自転車に乗ることをもっと楽しくするためのもの。 
 
 LEVEL 3 目標を決める。 
Simonconnellan471788unsplash_7
目標はあくまでこれからチャレンジしたいものに対しての。
例えば、ロードレースやヒルクライムに挑戦してみたい!
ブルベで400km走ってみたい!(東京ー大阪間を走るキャノンボールとかね)
具体的な目標でも構いませんが、あくまでチャレンジしたい!くらいの目標であればあとから修正できますし、もっと高いレベルに進んだときにさらに高いレベルにもチャレンジできます。
いきなり魔王を倒す!!という高い目標で設定し、かつ途中までの道のりがわからないと躓いた際に挫折します。このときの挫折は練習をサボるとかならまだいいのですが、最悪自転車やめちゃいます。
魔王を倒すのはもちろんいい目標なのですが、あくまで道のりが見えていてかつ成功を思い描ければいいですね。
昔、自転車を始めたばっかりのときに大学の先輩にお前は何を目指してるのか問われ、とっさに「とりあえず日本一!!」と言いました。が、僕はよくわかってなかったですね。道のりがわかりませんでした。
LEVELが低いのに魔王の戦闘力にかなうわけありません。
今いる街で買える最高の装備を買っても、ホントはもっといい武器があるかもしれない。ましてそれに気づかないとなると本当に魔王の前で絶望する。
実際は色々中ボスやらなにやらいるわけですからね。
当時の環境でまず日本一は絶対に無理。大学のサークルでしかないようなところにいたわけですから。
ただ僕は恵まれていて、その後に出会う仲間や知り合いがその環境から変わるようなアドバイスやら手伝いなどをしてくれたからです。
そのおかげで日本一の目標にチャレンジできるところまでいて今チャレンジしてます。 
 
今、目標がもう決まってるよっていう人はもう一度設定し直すのも考えてください。
高すぎる目標なのか、それともチャレンジしがいのある目標なのか。
もし目標が変わらなければあとは前進するのみです。
あと目標を定めたはいいものの、途中からこれにチャレンジしたい!!と違う目標に挑戦すると思うのも意外にいいことです。
例えばヒルクライムレースにチャレンジする!!と思って練習してきたけど、出会った友達に誘われてブルベの面白さにハマってしまったとかね..... 
目標が決められない、あまりになにもわからないから色々知りたい!という人は手っ取り早いのは人に聞く。自転車屋で聞くことをおすすめします。

洗車ありがとうございました!#spokes#スポークスサイクルガレージ #bikewash

RYUさん(@ryu_teamjowan)がシェアした投稿 -

2018年 7月月17日午前2時39分PDT

宇都宮の人はご存知、spokes
 
自転車に乗ることが楽しくなる目標がある程度決まったら。
実行に移しましょう。
 
つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/08/08

レベルアップ〜。

サリュ。

さて前回も書きました。
イベント等で参加者の方から自転車のトレーニングや上りを早くなる方法、効率のいい練習は?
などの質問をいただいたのでそれに直接的かはわからないですが、お答えする企画がスタートします。
みなさん自転車レベルをアップしたくないですか?
したいでしょ?  レベルアップするためには? 
 
 
てなわけでまずは初歩的なビギナーのとこからスタートしていきます。
スタートの前提はロードバイクなどのスポーツチャリを持っている、そして大体の装備を持っていて1人で自転車乗りに行けるレベルからスタート。
みんなスタートはレベル1から。どんなサイクリストもレベル1から。あのフルームもレベル1から。
最初のほうのレベルはもう超えてるよ、もう中級くらいだよっていう人も振り返るといいかも。初心忘れるべからず。
実は自転車のトレーニングも積立が大事。いくらレベルが最初から高い人でも、しっかり下から積み上げないと痛い目を見るのです。レベルアップが最初は続いてもどうにもレベルが上がらなくなってくる頭打ちということが起こります。
だから少しずつ、しっかりと。
6a24d272745018159b5e36560bf3c691_t
 
 
LEVEL 1  JUST DO IT, JUST RIDE IT
とりあえず乗れ。以上。
最初は何もわからない。
今の状況が曖昧である。そんな方も。
乗れ。
どうしたらいいのかわからない。
何がわからないかもわからない。
乗れ。自転車にとりあえず跨がれ。話はそれからだ。
 
LEVEL 2  自転車を生活習慣にする。
Flokarr145590unsplash_2
これは意外と大きな問題。でかい壁
 
今のこの段階はまだ目標も決めてない。
とりあえずみんな様々な理由で自転車に出会ったであろう。
運動不足だからスポーツがしたいから、モテたいから、痩せたいから。
自転車かっこいいから。友達に誘われて。
理由は多種多様。十人十色。しかし、そんなもの今はどうでもいい。
これから様々なレベルへと行くでしょう。
ヒルクライムに挑戦したい。
もっとレースで強くなりたい。
そんなレベルアップを志す人にも自転車というものの存在が生活習慣に寄り添うものになっているというのは、すべてのレベルに繋がり、レベルアップにも近道です。
逆に生活習慣化していない場合だとのちに痛い目にあいます。
私は未だにLEVEL2が身についてないようで、 2018年シーズンの目標は「練習をサボらない」としてしまう羽目に。 
 
 
習慣じゃないと自転車に乗ろうという気力が必要になってくる。 
一日の生活のうちで判断を伴う場面は多いです。そして判断するには気力を使います。使う気力の大小は場合によりますが、生活習慣としている場合は比較的小さい気力で済むんです。だって当たり前のようなものになっているから。
7時に毎日起きている人は7時に起きることに気力を使わないでしょう。
その人が次の日は6時に起きないとけないとき、たとえ前の日1時間早く寝たとしても起きるときに気力を使うのです。 
そうです。MPみたいなもんです。ドラクエの。
私の場合はMPを総動員して練習するのです。
そうすると少しでも足りないと練習に行かないことに.................... 
 
 
逆に練習に行っちゃえばそんなにMP気力は使いません。
HPは使いますけど。
MPをそんなに使わなかったらあまったMPでいろいろできます。
ちょっと部屋を掃除しよう、片付けようとかね。
生活も豊かになるかも。
だから生活習慣化するのです。 
自転車に乗ることを。LEVEL 1をまた思い出すのです。とりあえず乗れ。
最初は20分でも30分でもOK
できれば毎日乗ることができるほど習慣化したらいいですね。
または週末だけでもいい。
週末は自転車を必ずとか
お出かけ前には必ず自転車に乗る。
最悪乗る以外でもいいかもね。自転車洗うとか。整備するとか。
少しずつ習慣へと浸透するのです。
つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/08/07

小山田んぼアート 弱虫ペダル、ハローキティなどなど

サリュ。

日曜日に小山田んぼアートのポタリングイベントに増田さんと参加してきました。
夏風邪をひいた増田さん、体調悪い中参加していましたが今日のラジオはサボったみたいですネ(笑)
そんなこの間の日曜日は凄い天気でしたね........
午前中はギンギンギラギラの太陽。
すこし風があるのでまだ体感的にはマシな感じだったのに午後は風が吹いても熱風。
大した距離走ってないのに体力を奪われました。。。。。
でも参加者の皆さんは元気でしたね!
25kmの短いコースも、60kmのコースもどちらも参加者の皆さんは体調を崩さず、無事に走り切ることができたのでよかったよかった。

 
 
イベント後には一人で練習。
流石に日が傾いてくれば涼しくなるだろうと思ってたが大間違い。
この日は気温が下がらず、苦しみながら行き着いた川に思わず飛び込んでしまった。
消費した水は半端じゃない量になってましたね。
練習終わりには日も沈んで、今日も暑かったな〜と思ってたらまさかの大雨と雷。
凄まじい雷でしたね。さすが雷都と呼ばれる宇都宮。しかも宮まつりの日に。
 
 
小山田んぼアートの参加者の方からライド終了後に色々質問を受けました。
こういったイベントに参加したらぜひ質問してください。(テキトーな答えしかしないかもしれませんけど)
逆に言えば選手も参加するイベントに参加したら質問とかも直接聞けるかも??
中間報告会でも自転車のトレーニングや、どうやったら上りが早くなるのか。
そんな質問が多かったので次回の記事で自転車の楽しみとレベルアップ方法をご紹介します。
グッバイ。
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/07/26

前半戦を振り返って

前半戦を終えました。

これまでのレースを終えてみて、あっという間でしたが非常に濃い時間となりました。沖縄でのレースからシーズンを開始。
開幕戦から連続優勝で最高のスタートを切ることができ、その後のレースでもいい感じでレースを続け、宇都宮でのホームレースも2連勝。
その後のTOJと熊野でもUCIレースでも優勝があり、チームとしては良い成績のまま
全日本選手権前の最後のレースである那須での2連戦。
しかし結果は出せず、フラストレーションが各選手貯まるような感じに。
その後の全日本選手権、自分のコンディションは同じ時期(全日本選手権ごろの)では過去最悪。モチベーションは底辺へと下降した。
病は気から。体も不調が現れる。
やる気が起きないのは本気でどうしようもない。
やる気がなきゃ練習もしない。
そりゃ本番は不甲斐ない走りになる。
これはいい経験となった。
失敗は繰り返さない。 
 
 
その後の広島での2連戦はキツイ戦いでも耐えしのいだ。
モチベーションは悪くなかったけど疲れからは逃れられない。
だから一旦休憩をはさみしっかりと回復させて調子を取り戻した。
そのおかげか回復直後の練習では力を感じたから石川ではいい走りが期待できると感じた。
広島のときに同じホテルだったシマノレーシングの入部さんからアドバイスをもらったのはすごく大きかった。方法だけでなくモチベーションをもらったのが大きかった。
そして石川では優勝することができた。
37609682_1796329903783585_5371053_3
それだけじゃなく大田原クリテリウム、やいた片岡ロードでもチームは連勝し、前半戦を終えました。 
 
 
 
これまでの戦いはエースを任されることは多かったが、最高のアシストを受けても優勝で恩返しすることはできなかった。
ブリッツェンの強みはチーム一人ひとりのレベルが高く、勝てる選手がすごく多い。展開によっては誰もが勝つチャンスが有る。それなのにすべての選手が犠牲になってアシストをし、仕事を全うする。
それには優勝で報いるしかなかったわけなので優勝できたのは本当に良かった!
僕はスペシャルではない。
特別な強さじゃないからどんな時も勝ったときは仲間が支えてくれた。
去年の那須ロードと北海道だってそう。
それがないと勝てないから。
勝ちを与えてくれたみんなに感謝しています。
ありがとうございました!
 
 
 
後半戦もこれまでの戦いと同様、ブリッツェンの強さを見せていきたいですな。
あくまでもレース内容にこだわり、多くのレースで展開を作り勝ちにこだわりたい。
どこかのチームに集団を牽くことを任せたまま終わったり、なにもしないようなチームにはなりたくない。
それにはまたチームメイト全員の協力が必要不可欠。
それを繰り返すだけです。
37630486_1796330677116841_841634232
photo by :HATTRICK COMPANY Nobumichi Komori

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/05/11

気づいたらなくなってた明日の朝飯。

サリュ。

気づいたら明日の朝に食べるために買った大福を食べてしまっていた..........

明日はレース。
ていうことで田村親方兼メカニックがバイクなどの準備をしてくれてました。
Img_20180511_165623_287
いつもはホテルなどの遠征先での作業で大変ですが、今回は余裕をもって出来ておりますね。
いつもありがとうございます。
さてさて。
僕も明日に向けて準備してきました。
おなじみのクアリータで!!
Dsc_0054
実は僕の前に増田さんが予約していて、店先でばったりとカット後の増田さんと遭遇。増田さんも気合が入ってるらしく、長さがけっこう短めになってた(´ε` )
今思えば僕は坊主くらいにすべきだったか...............

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/05/10

宇都宮クリテリウム&ロード

サリュ。

やっときました。
ホームレースが。
いつもは開幕戦のイメージでしたが、今年はこの時期に。
いつも通り優勝を狙いに行きますが、多くのファン方々が来ていただけること、このレースを開催するにあたって尽力していただいた多くの方々のためにいつも以上に気合が入ります。
そしてこのレースではファンクラブの方々限定になってしまいますが、選手の缶バッチをプレゼントらしいです!!
20180512_onodera_badge
土曜日はでらおのらーい(レイ)
20180513_ryu_badge
日曜日は僕のが。
https://www.blitzen.co.jp/news/fanclub/2018-051213/
詳しくはこちら↑
なんでわらってんねんとか、イラネーよお前のは。と思ったそこのアナタ。
無料なんでもらってね♡

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«ツールド栃木終わりました。