« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/26

前半戦を振り返って

前半戦を終えました。

これまでのレースを終えてみて、あっという間でしたが非常に濃い時間となりました。沖縄でのレースからシーズンを開始。
開幕戦から連続優勝で最高のスタートを切ることができ、その後のレースでもいい感じでレースを続け、宇都宮でのホームレースも2連勝。
その後のTOJと熊野でもUCIレースでも優勝があり、チームとしては良い成績のまま
全日本選手権前の最後のレースである那須での2連戦。
しかし結果は出せず、フラストレーションが各選手貯まるような感じに。
その後の全日本選手権、自分のコンディションは同じ時期(全日本選手権ごろの)では過去最悪。モチベーションは底辺へと下降した。
病は気から。体も不調が現れる。
やる気が起きないのは本気でどうしようもない。
やる気がなきゃ練習もしない。
そりゃ本番は不甲斐ない走りになる。
これはいい経験となった。
失敗は繰り返さない。 
 
 
その後の広島での2連戦はキツイ戦いでも耐えしのいだ。
モチベーションは悪くなかったけど疲れからは逃れられない。
だから一旦休憩をはさみしっかりと回復させて調子を取り戻した。
そのおかげか回復直後の練習では力を感じたから石川ではいい走りが期待できると感じた。
広島のときに同じホテルだったシマノレーシングの入部さんからアドバイスをもらったのはすごく大きかった。方法だけでなくモチベーションをもらったのが大きかった。
そして石川では優勝することができた。
37609682_1796329903783585_5371053_3
それだけじゃなく大田原クリテリウム、やいた片岡ロードでもチームは連勝し、前半戦を終えました。 
 
 
 
これまでの戦いはエースを任されることは多かったが、最高のアシストを受けても優勝で恩返しすることはできなかった。
ブリッツェンの強みはチーム一人ひとりのレベルが高く、勝てる選手がすごく多い。展開によっては誰もが勝つチャンスが有る。それなのにすべての選手が犠牲になってアシストをし、仕事を全うする。
それには優勝で報いるしかなかったわけなので優勝できたのは本当に良かった!
僕はスペシャルではない。
特別な強さじゃないからどんな時も勝ったときは仲間が支えてくれた。
去年の那須ロードと北海道だってそう。
それがないと勝てないから。
勝ちを与えてくれたみんなに感謝しています。
ありがとうございました!
 
 
 
後半戦もこれまでの戦いと同様、ブリッツェンの強さを見せていきたいですな。
あくまでもレース内容にこだわり、多くのレースで展開を作り勝ちにこだわりたい。
どこかのチームに集団を牽くことを任せたまま終わったり、なにもしないようなチームにはなりたくない。
それにはまたチームメイト全員の協力が必要不可欠。
それを繰り返すだけです。
37630486_1796330677116841_841634232
photo by :HATTRICK COMPANY Nobumichi Komori

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »