« レベルアップ〜(第二回) | トップページ | レベルアップ講座 応用編 »

2018/08/13

レベルアップ〜 (第三回)

サリュ。

今日は久しぶりに暑さの中練習したかも。
ダメージが激しい.......... 
 
 
はい。三回目になります。レベルアップ企画。 
前回までである程度目標も定まり、今回は目標に対してアプローチするもの。
そんな目標をヒルクライムレースに出場、その中で目標達成する!
というふうにしちゃいます。
よくホビーレーサーやらファンなどから質問の多い、登りの質問に答える形ですね。
しかし、ヒルクライムレースだけでなく、ロードレースやブルベの中でも山やら登りやらは出てくるものなのでこしでも参考にしていただけるといいです。
特に来週には矢板八方ヶ原ヒルクライムがあるのでね。
今から八方ヶ原には間に合わないかもしれませんが.......
<栃木県の人はご存知 RIDE ON 八方ヶ原ヒルクライム特集です。我らが飯野先輩が出演> 
 
  • LEVEL  4   準備する
Rawpixel620230unsplash
準備はやっぱり何が必要かで始まる。
目標に対して何が必要か。
例えば、次の目標のヒルクライムレースはどれくらいの距離なのか。
自分が今登ったらどれくらいのタイムなのか。
それをわかるためには調べるしかないのです。
ツールとしてはSTRAVA には多くのデータが詰まっています。
実際に走った人のデータが詰まっており、実際に自分もレースの前にはこれで下調べをします。
データ中にはパワーデータといわれる実際にその人がどれくらいのパワーで登ったのかもわかります。 
 
そして必要なもの。例えば機材も重要になってきます。
ホイールとかサイコンなど。
実際に揃えておくものは何をどれくらい高い目標とするかで違ってきますので飛ばします。 
 
じゃあやっぱりいちばん必要なのは.........練習ですね。
ヒルクライムなんだから登りの練習が必要になってくるのは絶対ですね。 
何が必要かわかったら。
いざ実行。 
 
LEVEL 5 練習 
Davidhellmann600231unsplash  
はい。来ました。練習。 俺も嫌いなやつ。 
いくら練習しても変わらないものがあります。
それは苦しみです。
こればっかりは変えられないのです。
いくら強くなろうが、速くなろうが変わらない。
むしろ増していくことさえあります。 
自転車を本気で練習したことある人にはわかると思いますが、苦しいところで耐えられる時間が長くなるので、苦しいところで踏ん張って苦しみが増すのです。
なんてこったい。  
 
しかしそんな苦しみも一瞬の間だけです。
終わりはきます。
そして設定した目標を達成したときにはすべて報われますし、達成できなかったときの悔しさのほうが時間は長くなるのです。
 
そんな実際の練習、実は苦しさから逃れるためにします。
矛盾しているようで矛盾してません。
例えばヒルクライムでこれくらいのタイムでゴールしたいと設定するとしましょう。
そのタイムは今の自分では到達できないとします。
それは30分だとしましょう。
その時間というのは30分最大限に苦しんだとしても無理なんです。
マックスです。
死ぬほど辛いくらい追い込んでも30分には到達できない。
しかし、30分のタイムを切れるように練習で苦しんだとします。
その後は死ぬほど追い込まなくても30分を切ることができるようになったら必死で練習したおかげで死ぬほど追い込まなくても済むんです。
しかも28分でゴールしたらけっこう追い込む時間が2分短くなるのです。 
自分もレースでできるだけ苦しまないように練習してます。
ていうか僕の場合はレースで苦しまなかったら練習しません。
 
ビギナーの人に時々質問されます。
「登りがきついんですけど、どうやったら速く、楽になりますか」  
こっちだって登りはキツイんだよ!!(゚∀゚)
登るしかないんだよ!!速くなりたかったら!!楽になりたかったら! 
しかもアドバイスするにしても何が今の問題なのか、なにがボトルネックなのかわかりません。そしたら答えられることは.................「山へ行け!」 
 
ドラクエでレベルアップしたかったら何するか。
敵を倒して経験値を手に入れなければなりません。
そしたら何が一番基本か。
敵(苦しみ)を多く倒すことなんですよ。 
しかもビギナーの人はレベルがまだ低いのでそこらの敵(苦しみ)は強敵じゃあありません。
すこし頑張れば誰でも倒せます。
そしてそんなに大量じゃない経験値でもレベルアップできます。      
 
しかし、ビギナーな方にアドバイスするとしたら3つ。
  1. ダンシングできるようになれ。
  2. まっすぐ走れ
  3. しっかり息を吐け
1 ダンシングをしっかりできるようになると良い防御を手に入れたことに。
  シッティングで座りながらだけじゃなくてダンシングで違う筋肉を使いながら休めたり速く走ることになって攻撃の仕方にもバリエーションが。 
 
2 まっすぐ走るようになるとやっぱりそれだけで速い。特にビギナーの方は登りでまっすぐ走れてないように思います。様々なイベントで見ていて、ちゃんとまっすぐ登りを走るのはアメザワのママしか見たことない。基本なことでも白線の上だけを走るとか練習をしっかりしないと走れません。 
 
3 息を吸うのはみんなします。
 でもしっかり吐ききっていますか?
 実はしっかり吐くことで息の整い方が全然違います。   
これだけでもしっかりレベルアップになります。
 
 
応用編へとつづく
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« レベルアップ〜(第二回) | トップページ | レベルアップ講座 応用編 »

コメント

『アメザワのママ』はウケた😆
本当に彼女の登りの凄さを見た事あるカラ。
ゲームに例える事もそうだけど、ロードバイクに乗らない私も楽しめる☺️
案外←?教え上手ですね、鈴木さん👍

投稿: あばぁば | 2018/08/12 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596547/67046325

この記事へのトラックバック一覧です: レベルアップ〜 (第三回):

« レベルアップ〜(第二回) | トップページ | レベルアップ講座 応用編 »