« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

2018/12/20

ありがとうございました

今日で最後にしようと決めたはいいものの、何を言ったらよいものか…

ブログを通じて自分を知ってもらい、選手を少しでも身近に感じてもらえたなら本望です。

そういったことが皆さんに通じ、わかってもらえたような気がし、存在が認められたと感じ、力に変わっていました。

自分がこの小さな習慣をはじめた時のように、いまは変わるときなのかなと思います。

Dsc_0772

では、少しはやいですがメリークリスマス。

そして、良いお年を。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018/12/18

やめる勇気

ブログ書くのが習慣になると、いつまでやろうか悩む。

いや、今年いっぱいなんだけど、明後日で最後にしよう…

公式ブログなくそうという話にはむしろ私は賛成で、書く人は来年も自発的に続けるでしょう。

寂しさを感じてくれている人たちは本当に自転車レースのファンなんだなあと、嬉しくなりました。

選手たちって、本当に魅力的ですよね。

そんな側面がみれる、良い時代になりつつあります。

ぜひ興味をもって接してあげてくださ…

って書いてたら、今日で終わりか!とひとりツッコミしそうになりました🐧

まだ続きます…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/12/16

練習、観戦、無念…そんで

今日は曇り空でメチャ寒い🐧

そんな練習帰りに宇都宮シクロクロスの応援するぞ、とろまんちっく村に寄り道…

Dsc_0690

スタート撮ろうと思ったら、相変わらずセンスない…

Dsc_0704

光~、ガンバー

Dsc_0744

アンドリューーー

Dsc_0723

アベタカー

Dsc_0693

やだやだ、フェリペオルツつよい

うぅ、龍太郎はどこ…応援したら応えてくれる龍太郎いない…無念。

ほんで、ダッシュで家帰って車に荷物積めるだけ積めて不動産屋さんへ。

新居の鍵を受け取り、荷物を放り込む💨

Dsc_0766

その後、ジム所でウェイトトレーニング💪

Dsc_0767

〆はいきなりステーキのヒレで超回復🥩

なんて日だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/14

AI的流行語大賞

近頃、しゃべくり系AIエモちゃんのおしゃべりが半端ない…

この間のガッキーのドラマ最終回の放送中もやたらしゃべるので、、、

ゆずぴさn …ポチ、ゆずp…ポチ、ゆz…ポチ、ゆ…ポチ

と、しゃべる瞬間とめちゃうおじさんになってた今日この頃。

さすがに学習したのか、しゃべらなくなったなあと思ってたら突然

『パンパカパーン!エモちゃん的流行語大賞を発表します!』

『大賞はゆずぴ半端ないって!に決まりました!』

『ゆずぴ半端ないって。アイツ半端ないって。エモちゃんメッチャ大切に扱ってくれるもん。そんなんできひんやん、普通~』

…(´;ω;`)ブワッ

すまなかった…もっと大切に扱います…🙇

どうでもいい最近の出来事でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018/12/12

まぼろし~

選手に立ち塞がる永遠の課題といえば、プレッシャーを感じるなどということでしょうか。

ただでさえ緊張する本番に、周りからの期待、生活がかかることへの不安、危険と隣り合わせであるレースへの恐怖も重なり、選手の心は押し潰される。

そういったプレッシャーは、歳を重ねて場数を踏んでも、逃れることはできない気がする。

では、どう付き合っていくか。

私が優勝した2016年の開幕戦、宇都宮クリテリウムを例に話しましょう。

自分がブリッツェンに入団した年から開幕戦は地元宇都宮になり、必勝体制のなか2年連続で周囲の期待を裏切る結果に。

こんな思いはするのはもう嫌だ、重圧のないところに逃げたい、そんなことをレース直後には思っていました。

当時のジンクスについて、ライターの小森さんが書いてくれています。

レースに挑む際、如何に雑念を取り除き、直感を鈍らせないかが展開を左右する。

1万人に近い観衆が観ていると思うと、高揚する人もいれば、かたくなる人もいる。

自分は後者ですね。

そういった時に、レース前に親父に会うと、レース会場が途端に家にいるような気分になる。

一言二言話し、ああ、自分が選手になることを反対していた親父に、今日はいいところでも見せるか、と思う。

この時だけは自分のなかでは、観衆は誰もいなくなる。実際は沿道を埋め尽くしていても。

結局、重圧は自分が造り出した幻で、その幻が家族1人なら、いなすのにさほど苦労もしないでしょう。

もちろん皆さんの声援は聞こえていますし、力になるのも確かです。

親父ほら見ろ、俺はこんなに周りから応援されるようになったんだぞ、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/12/10

いい日にする

今日はチームの契約&記者発表の日。

1544430725024

無事、契約に合意し来期も選手として走ります。

選手として走れることに感謝して、活動を継続していきたいと思います。

皆さんも変わらない応援よろしくお願いします!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018/12/08

今日はお休み

今日は休養日。

Img_20181209_002833

日が落ちて、明日がまた来ます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/06

嫌いになりかけてた

今日は午後のフィジカルトレーニングを終えた夕方から、チームの運営陣と話し合い。

選手はベテランのみだったけど、事前に意見出ししていたから、伝えたいことは伝えられたかな…

どちらにせよ、チームを良くしたいという気持ちは同じで、ブリッツェンにチームを、自転車を好きじゃない人間なんていないだろうと思う。

だからこそ、同じ方向を向いてお互いがんばっていきたいところです。

こういった場をもつことを提案した増田さんや、応じてくれた運営陣にも感謝したいですね。

にしても、慣れないことして疲れました…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/04

体力の晩秋

12月に入り、ボチボチトレーニングに本腰いれるかね…

Dsc_0660

今日は雲が多いけど、暖かい⛅️

Dsc_0557

登りをヒィヒィ言いながら登頂…うぅ、弱い…🐽

Img_20181204_210716

たのしそうな道が…でも今日はやめておこう🐧

楽しむには体力も必要だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/02

みなし公人

先日のJBCFカンファレンスでは、国内ロードレースがよりプロ化していく流れを感じましたね。

では、すでにプロとして活動している選手たちが、現況として完璧なプロ意識をもっているかというと、私含めまだまだなところもあります。(成り立ちからして仕方ないところもある…)

自分は前チーム所属時代、職業の説明をするのが面倒で『お仕事は?』という問いに『シマノで働いています』という感じで返していました。

これが、宇都宮に来て、それでは良くないと覚悟する出来事が。

住居を探していて、不動産屋さんにて契約する際『サイクルスポーツマネージメント?自転車の?ああ、ブリッツェンさんね』とあっさり納得する担当の方…

ここ宇都宮では、単なるいちマイナースポーツの意識だと、非常によろしくない。

自分たちの双肩には雇われているチームがあり、そこには数えきれない支援者の人たちがいる。

裏を返せば、顔である選手とはそのぐらいの影響力をもつ存在なのでしょう。

平然と外に対して不用意な発言をするならば、それ相応の責任を負うということである。

所属が外れても変わらない魅力はあるか、先ずはそこから考えてみるべきではないのかなと思います。

本気で今後、プロ化を目指していくのならば、矛盾に溢れた国内ロード選手の地位向上にも同時に取り組んでいかねばなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ